別れ話を聞くならメッセージ、電話、それとも直接会って?

心理

別れ話をどうやって聞くか?それよりも大事なことがあるのです

今回は別れ話を聞くなら
どの方法がいいのか?について
お伝えします。

昔は電話や手紙、
さもなくば
直接会って話すくらいしか
できませんでした。

でも今は
SNSやメール、LINEなど
すごく通信手段が発達して、
いつでもどこでも
自分の思いを伝えることが
できるように。

そのせいで、
どんなことでも
メールやメッセージで
済ませる人も増えています。

ずっとつきあってきた
恋人にさえ、
「さよなら」のひとことを
送ってそのつきあいは終了。

あなたはこれって
どう思いますか?

基本は会って話す方がいい?

「別れ話は
会ってした方がいい」

そう考えている人は
かなり多いようです。

「最後に
誠意を見せないとダメ」とか、
「会わないで別れるなんて
許せない」といった、
別れを切り出す側の
不誠実さや身勝手な態度に
腹が立つというのが
その理由のほとんどです。

確かに、
愛し合っていると
思っていたのに、
いきなり相手から
別れ話をメールやメッセージ、
電話でされるのは
嫌なものですし、
ふたりにとって
大切なことを会わずに
伝えられるのは
不誠実な気がします。
でも、
いきなり呼び出されて
別れ話をされたり、
デートの最中に
「悪いけど、
これが最後のデートなんだ」
なんて言われて、
別れ話に移行というのも
なかなか辛くないですか?

「ひょっとしたら・・・」なんて
既に別れるかもしれない
予兆のようなものを
感じているならともかく、
何も心の準備のない状態で
別れを宣告されるのは
相当ショックなものです。

「誠意を見せる」
ということであれば、
あらかじめ話す内容や
そこに至った気持ちの変化、
相手に対する思いや謝罪を
メールやメッセージで示す、
というのも立派な誠意です。

本当の「誠意」って?

「誠意」というのも
結局は、
別れを切り出す側が
どれだけ相手のことを
思いやれるかでは
ないでしょうか?

浮気や不倫、
多額の借金や暴力など、
相手側に問題がない限り、
別れを決断するのは
どんな理由であれ
自分の身勝手からです。

その身勝手は
相手からすれば
辛くショックなこと。

身勝手なことを
決めておいて、
「相手が傷ついたりするのが
イヤだから」とか、
「相手がごねるのに
つきあうのは面倒だ」と、
一方的に
メールやメッセージで
別れを告げて終了、
というのは
あまりに相手のことを
考えなさすぎです。

自分が逆の立場なら
どうでしょうか?

すごく好きでたまらない
相手から、
いきなり別れを切り出されて
そのまま音信不通になったら
ムカつきませんか?

きちんと説明してほしいと
思いませんか?

「別れたくない」と
泣いてすがりたく
なりませんか?

別れを切り出す側が
相手に対して
きちんと
自分の思いを伝える。

伝えられた相手が
納得するまで説明して、
自分の身勝手さには
心から謝る。

そこまでの覚悟をもって
別れを切り出すことが
相手に対する「誠意」です。
あとはそれを受け取った側の
気持ちです。

会って話を聞かないと
納得しないなら
会って話すことが誠意。

メールやメッセージで
わかったというなら
そこで終了です。

十分相手が
納得しているのに、
そこであなたから
「最後に会いたい」
なんて言うのは、
身勝手にもほどがあります。

おわりに

別れ話をする方法は
いろいろありますが、
いかに相手のことを考えて
別れ話を切り出すかで、
今までの思いが表れてきます。

方法論は二の次です。

あなたは別れを切り出す時に
どんな形で
誠意を見せますか?

また、彼から
どんな誠意を見せられたら、
あなたはこの辛い別れを
受け入れることができますか?



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました