まさかあの人が浮気相手だなんて・・・交友関係の意外な落とし穴

体験談

浮気はボーダーレス。まさかと思う人が相手だったりするのです

今回は浮気に陥りやすい
交友関係について
お伝えします。

人との縁は奇なるもの。

いつ、どんな状況で、
どんな相手に恋心を抱くか
わかりません。

「あの人だったら大丈夫」
なんて安心していると、
大切な彼をとられるかも
しれませんよ。

親交の深い身近な人はヤバい

ご近所の○○ちゃんは
近所に住む元同級生。

わたしの幼馴染みで、
「親友」っていうくらい
仲のいい友達。

結婚した旦那を
彼女に紹介すると、
何か趣味が同じだったようで、
その場で意気投合。

最近は週末になると
ふたりで出かけては
趣味を楽しんでいる。

○○ちゃんは私の友達だし、
旦那の趣味は
イマイチ
よくわからなかったから、
ふたりが仲良く
出かけていくのは
見ていて嬉しい。

なんて思っていたら、
実は○○ちゃんと
浮気していたんです・・・
共感と親近感は
人と人とを結びます。

共通の話題があると、
会話が弾みお互いの距離が
縮まっていきます。

距離が縮んでくると
相手に親近感が生まれ、
徐々に好意や恋愛感情へと
変わります。

気心知れた
知り合いの関係というのは、
お互いに好意を
持っているからこそ
成り立っているのです。

ちょっと風向きが変われば、
すぐに恋愛関係になっても
おかしくありません。

あなたが好きになった
男性なんですから、
他の女性が
好きにならない訳が
ないのです。

友達だから
あなたの恋人に
手を出さない、
そのような保証は
どこにもありません。

くれぐれも
油断は禁物なのです。

”仕事関係”は超キケンです

「今日は取引先の人と
夜会うことになってるから」

そう言って朝出かけた旦那。

また今日も遅くなるみたい。

なんか最近、
仕事だと理由をつけて
毎日のように
飲んで帰ってくる。

この前の休みだって、
家族みんなで
出かける予定だったのに、
急に仕事が入ったからと
キャンセル。

「まあ、仕事じゃ
しょうがない」なんて
最初は思っていたけれど、
毎晩遅くなったり
休みが急に仕事になるなんて
やっぱりおかしい・・・

ある時、友人から
「この前の日曜、
あなたの旦那が女性と親しげに
○○で歩いてたよ!」と
メッセージが。

確か、この日は
急に休日出勤が決まった日。

珍しく、夜遅くならずに
帰ってきた旦那に
問いただすと、
あっさり白状した。

浮気の相手は
会社の同僚だということ。
2ヶ月前くらいから
彼女の方から誘われて、
最初は気にもしてなかった。

でも、会うたびに
「いつ一緒に食事して
くれるんですか?」とか
「好きだ」とか
「わたしとつきあって」と
言われることには
悪い気は
していなかったんだって。

1回だけ飲みに行ってやれば
おしまいになるだろうと
思ったのだけど、
仕事の話や悩みを
聞いているうちに、
だんだんと
彼女が気になっていった。

遅くなる時は
ほとんど
彼女と一緒にいたという。

食事をしたり、
飲みにいったりしただけと
言っているけど、
全く信じていない。

「だって、
お前は仕事のことを話しても
全然聞いてくれなかった」

「彼女とは
仕事の楽しさも辛さも
分かち合えたんだ」って。

何でも私のせいにされるのは
ムカつくけど、
少しは仕事のことも
気にしてあげれば
よかったのかな?と、
今さらながら思っている。
夫婦の間でも
お互いの仕事のことは
ノータッチと考えている人は
多いものです。

でも実際は、
そのシークレットに
なっているところで、
こそこそと浮気をしている
可能性があるのです。

「仕事のことに口出しするな」と
言われるかもしれませんが、
疑問に思ったことは
素直に伝えた方が、
後々後悔することは
ないのではないでしょうか。

まさか、あの人と・・・!

「じゃあ、
今日は俺が行ってくるよ!」

ピアノ教室に
連れていくのなんて
これまでなかったのに、
最近は平日が休みだと
いつも行ってくれる。

子供が生まれてからも
仕事や自分のことばかり
優先して、
あまり子供に
接してきてなかった旦那。

ちょっとは改心したのかな?

子供もパパと一緒に行くのが
楽しいみたいだし。

そういえば、
発表会にも来てくれたなあ。

いいパパになろうと
頑張ってくれてるんだ。
・・・と思っていたのですが、
実は違っていました。

目的は子供の
ピアノ教室の先生。

一度渋々行かせた
お迎えのときに
一目惚れしたんですって。

子供のことを聞きつつも
さりげなく自分をアピール。

わたしが言うのもなんだけど、
旦那は結構いいオトコ。

「一度お茶でも飲みながら、
子供の様子を
聞かせてもらえないか?」と
子供をダシに声をかけたら、
コロッと
ひっかかったようです。

え?この話の出どころ?

もちろん、子供です。

「今日ねー、
パパと○○先生と
レストランいったのー。
パフェたべたんだー」ですって。

子供にとっては
楽しいことでしょうが、
わたしには許せない話です。

教室、変えようかな・・・
幼稚園や学校、様々な習い事。

「子供」が旦那に
新たな出会いの場を
作っています。

普通なら父兄と先生など
あっさりした関係で
終わりがちですが、
恋は何がきっかけで
始まるかわかりません。

「子供」という
共通の話題もあり、
自然と共感や親近感を
持ちやすい土壌でも
あります。

「うちの旦那に限って」と
過信してしまうのは、
とても危ないのです。

おわりに

あなた自身は
問題ないと思われる
交友関係でも、
旦那にとっては違います。

その気になれば、
浮気のチャンスが
いくらでも転がっている、
そういう見方も
できるのです。

でも、交友関係を疑うのは
ちょっと待ちましょう。

それよりも
お互いに浮気をしないような
強い絆を育むことが
何よりの浮気防止策
かもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました