彼氏にできないかも・・・バツイチ男性が恋に臆病になる理由

心理

恋愛に臆病なバツイチ男性。彼氏にしたいと思っている女性はどうする?

今回はバツイチ男性が
恋に臆病になる理由を
紹介します。

好きになった男性が
バツイチということは、
最近では
珍しくなくなりました。

ただ、その男性が
恋愛に尻込みして
彼氏になってくれない、
という残念な現象も
起きています。

いったいバツイチ男性は
どのような理由で
恋をしなくなるのでしょうか?

バツイチがハンデだと思っている

結婚する夫婦の3割が
離婚するようになった
今の世の中でも、
まだまだ
バツイチに対する偏見や
マイナスイメージは
拭いきれていません。

そのせいで、
バツイチであることが
恋愛においてハンデだと
思い込んでしまう男性が。

好きになってしまったら、
マイナスなイメージなんて
気にせずに
積極的になってもいいはず。

でも、どうしても
「バツイチにいいイメージを
持っていないせいで
ふられたらどうしよう」と
ネガティブに
考えてしまうのです。

バツイチの自分と
未婚の男性が
同じ女性を好きになった時は、
バツイチを理由に
選んでもらえない。

そもそも、
バツイチの自分が
人を好きになってはいけない。

勝ち目のない恋愛は
もうしたくないと
諦めモードに入っていたり、、
もう恋愛する資格がないと
勝手に思い込んで
しまっているのです。

でも、そんな自分から
ハンデだと勘違いしている
男性に「そんなことないよ」と
こちから励ましたところで、
ネガティブな気持ちが
すぐに変わることは
ほとんどありません。

それでも、
「離婚したことは
あなたのせいばかりじゃない」
とか、
「バツイチなんか
何にも問題にならないよ」
などの言葉で、
あなたがバツイチに
マイナスイメージを
全く持っていないことを
伝え続けましょう。

思い込みの強い男性は、
非常に頑固ですので、
簡単に気持ちが
変わることはない
かもしれません。

焦らずゆっくりと
彼の心を解きほぐして
いきましょう。

女性とつきあうのが怖い

離婚した時を含めて、
過去に辛い別れを
経験していたり、
女性とつきあっても
いい思い出がない、
というように、
恋愛や女性とのつきあいに
トラウマに近い感情を
抱えている男性もいます。

「もうあんな辛い思いは
したくない」

「何度も裏切られるのは
イヤだ」

「もう、恋なんてするものか!」

このように考えている男性に
いくら積極的に
好き好きアピールを
したところで、
絶対にいい結果は
生まれません。

相手にされなかったり、
人の気持ちを考えないヤツだと
レッテルを貼られて、
あなたの思いが届くことなく
恋が終わってしまいます。

打てば打つほど
拒否する男子には、
ガンガン
アピールするのではなく、
彼に寄り添って
傷ついた彼の心を
癒してあげましょう。

「あたしは
今までの女性たちとは
違いますよ」

「いつもそばにいますからね」

「あなたの傷を
わたしが癒してあげますから」

そのような気持ちで
彼に接して、
優しく包んであげるのです。

彼の心の傷が癒えた時には、
あなたの優しさが
伝わっているはずです。

おわりに

永遠の愛を誓ったはずなのに、
思い叶わず
別れることになった彼。

別れたときのショックが
大きければ大きいほど、
心に残る傷痕は深くなります。

また、傷も癒えて
新しい恋に進もうと思っても、
バツイチでは
見向きもされないと
変に思い込んで、
なかなか一歩が踏み出せない。

あなたが、そんな彼と
つきあっていきたいのなら、
彼の気持ちを理解した上で
サポートすることです。

ショックから立ち直ったり、
そこから新たな一歩を
踏み出すのには
勇気がいります。

そんな彼を励まし、
恋する気持ちを
取り戻してあげることが
何より大事なのです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました