好きじゃない人と結婚して失敗したこと成功したことって何ですか?

心理

好きじゃない人と結婚する=失敗なの?

今回は好きじゃない人と
結婚して、
失敗したこと、
成功したことを紹介します。

「結婚するなら
一番好きな人としたい」

そう考えている未婚女性って
実際多いのでは
ないでしょうか?

そんな人たちからしたら、
好きじゃない男性と
結婚するのは
「妥協」といえる
かもしれません。

でも、あながち
そうとは言いきれません。

好きじゃない男性と
結婚するのが妥協かどうか?

失敗談と成功談を
見てから判断しても、
遅くはありませんよ。

やっぱり失敗だった・・・

好きじゃない男子と
結婚して失敗だった
と思ってしまうのは、
夫婦関係が破綻したから、
というのが
やはり多いようです。

それほど好きでないところから
夫婦関係が始まっているので、
お互いに気持ちが
盛り上がらなかったり、
信頼関係や
思いやりの気持ちが
持てなかったりすれば、
簡単に仮面夫婦になったり、
離婚してしまいます。

そもそも
好きじゃない人の行動って、
些細なことであっても、
一旦目につくと
なんとなく
許せなくなってしまう
ものです。

初めは本当に小さくても、
毎日生活していく中で
積もりに積もって、
結局不満が爆発して
とりかえしのつかないことに
なってしまう。

「あばたもえくぼ」という
ことわざがあるように、
好きだからこそ
許せるものがあるのです。

夫婦関係が破綻するまでには
ならなくても、
どうしても心のどこかに
ひっかかりがあるために
本当の家族になりづらいことも
あるようです。

例えば、
あまり好きではない人の
子供を作ることに
ためらいを感じて、
子供はいらないと
考えてしまったり、
他の男性に目移りしてしまい、そのまま浮気するなんて
ケースも出てきます。

好きじゃないから、
「愛」も「情」も
湧きづらい。

それが好きじゃない男性と
結婚して失敗する
要因なのです。

恋愛感情は”永遠”ではない!

大恋愛の末結婚すると、
そこが
愛情のピークであることが
往々にしてあります。

恋愛結婚の場合は
「好き」という気持ちを
常に表していないと、
相手に気持ちが冷めたと
誤解されがちです。

しかし、
つきあい始めのような
膨大な熱量で
恋愛し続けるのには
限界があって、
どうしたって
気持ちが落ち着く
=冷める瞬間は
訪れてしまいます。

恋愛感情を維持できず、
あとは冷めていくだけ、
という状態だと、
大恋愛していたころには
気にならなかった
相手のイヤなところが
目立つようになります。

しかも、男性は、
自分のものになった途端に
釣った魚に餌を上げない人も
多いため、
「恋人だったときは
優しかったのに・・・」と、
結婚したことで豹変する男性に
がっかりしてしまうことも。

ひとりの人を
「永遠に」
好きでい続けることは
まず不可能です。

ということは、
好きな人と結婚しても、
いつかは気持ちが
冷めてしまい、
夫婦関係が破綻するピンチが
訪れるかもしれないのです。

好きじゃない人と結婚してよかった!!

一方、好きじゃない男性と
結婚しても幸せだと
感じている人も多くいます。

あまり好きじゃない男性と
結婚した場合、
結婚し始めは恋愛感情は
ほぼゼロの状態。

相手にそれほど
嫌悪感がなければ、
恋愛をしていた時のように
急激に気持ちが
盛り上がったり、
冷めてしまうことが
ありません。

感情に大きな揺れもなく、
穏やかに生活をしていけば、
ゆったりした気持ちが
育まれていくのです。

その感覚は、恋人や夫という
恋愛感情がもたらす
ステディな感じでなく、
ともに人生を歩んでいく
パートナー、
もしくは運命共同体の側面が
強くなります。

好きな相手と結婚すると、
どうしても
恋愛感情を注いでいる方が
相手の機嫌に振り回されて
不利な立場になりがちですが、

運命共同体という感覚が
強まれば、
どうしても
女性に役割が偏りがちな
家事や育児にも
積極的に関わって、
不慣れななりにも
フォローやサポートを
してくれます。

自分が大変な時に
きちんと助けてくれる男性。

最初は好きではなくても、
事あるごとに
自分を手伝ってくれる相手に、
単なる運命共同体以上の感情が
芽生えてきても
おかしくありませんよね?

おわりに

同じ刺激には
慣れてしまうといった
人間の脳の仕組みからも、
相手に好意を持ち続けるのは
非常に難しいです。

ずっと好きでいるのが
非常に難しいのであれば、
相手のことが好きかどうかは、
結婚生活を送る上で
それほど問題視しなくても
いいのかもしれません。

好きじゃない男性と結婚して
失敗するのも
成功するのも、
相手と「恋愛」以外の関係を
築き上げられるかどうかに
かかっているのです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました