え・・・こんなことで?好きじゃない人と結婚した意外な理由

心理

好きじゃない人と結婚したって、問題はない?

今回は好きじゃない人と
結婚した意外な理由を
紹介します。

誰もが大恋愛の末に
結婚することにあこがれ、
恋愛の延長線上に
結婚があるものだと
考えがちです。

そのため、
好きでもない男性と
結婚することに
何となく違和感を
覚えてしまいます。

でも、結婚する女性全てが
一番好きな人と
結婚できるわけではないのも
事実ですよね?

他愛もないような理由で
結婚を決めたことが分かれば、
「恋愛しないと結婚できない」
という呪縛から
解き放たれるかもしれません。

浮気されても気にならない

好きじゃない男性と
結婚した理由として、
「恋愛感情がないので、
浮気されても問題ない」
というものがありました。

結婚した時点で
恋愛感情がなく、
結婚した後も
芽生える心配がないと、
相手がどんな行動を
とっていようと
気にならないということ
でしょうか?

あわよくば
浮気してくれれば
慰謝料請求できちゃう、
みたいなことを考えている
かもしれませんが・・・

このような考えの女性は、
相手に干渉しない代わりに
自分のことにも
干渉してほしくないと
思っていることも。

お互いが干渉せず、
好き勝手にやっているのなら、
何のために結婚したのか
分からないですけどね。

好きになれるかもしれない相手だった

好きじゃなかったのは
結婚する時までで、
そこから相手を
好きになるかもしれない。

そのような考えならば、
「好き」まではいかなくても、
「いい感じ」だと思った時点で
結婚するのもアリですよね?

長く続く結婚生活。

大恋愛の末に
結婚したからといったって、
相手が好きだという気持ちが
いつまでも続くとは
限りません。

むしろ大恋愛だったがために、
今まで見た事のなかった
相手のよくない面を
目の当たりにして、
一気に熱が冷めることだって
ありえます。

結婚に必要なのは、
恋愛感情よりも
相手への信頼と、
長い人生を共に歩んでいく
パートナーとしての感情。

「この人だったら、
毎日の生活の中で
好きになって
いけるかも・・・」

そんなゼロから始める
結婚生活の方が、
信頼関係と恋愛感情が
同時に育まれていくので
いい結果をもたらすのでは
ないでしょうか?

この人と一緒にいるとほんわかするから

「結婚は、
2番目に好きな人とすると
幸せになる」と
言われることがあります。

それは、
1番目に好きな人ほど
彼の反応に一喜一憂して
感情が大きく
揺さぶられることもなく、
心穏やかな状態が
保たれやすいからでは
ないでしょうか。

また、
相手に対する執着がないので、
嫉妬や束縛といった感情も
わきにくいですよね。

人それぞれのところは
ありますが、
やっぱり結婚生活は
順風満帆で行きたいもの。

あなた自身が
ゆったりとした心持ちで、
ほんわかといられる相手は
とても魅力的なのです。

愛するよりも愛される方が幸せ

こっちは好きじゃないけれど、
相手はこちらのことが
すごく好き。

「2番目に好きな人と
結婚すると幸せになる」
と同様に、
「愛するより
愛される方が幸せになれる」
というのも
恋愛の定説ですよね。

恋愛においては、
どうしても好きになった方が
弱い立場になりがち。

あまり強気に出ると、
相手から嫌われて、
別れようと言われるのを
怖がっています。

なので、惚れられた方は、
相手が多少のわがままを
聞いてくれるし、
浮気の心配も
まずないだろうと
余裕をもって
いられるのです。

度重なるアプローチを断れなかった

つきあっていた頃や
お見合いの時に、
それほど乗り気でなくても
断ることなくずるずると。

最終的には
相手の猛アピールに
根負けして結婚。

こちらとしては、
可もなく不可もなく、
ぶっちゃけどうでもいい?
そう思っていたりもします。

でも、相手の方は
間違いなく
愛してくれているはずです。

お姫様状態で
結婚生活が
送れるかもしれません。

おわりに

結婚の理由は人それぞれ。

それこそひと昔前は
お見合い結婚が多く、
恋愛の末に結婚
というケースの方が
少なかったようです。

周りから、
好きじゃない人と
結婚するなんて、
不純とか妥協だなんて
思われたとしても、
本人が決めたならば
それが正解。

どんな理由であれ、
幸せな結婚生活ができれば
結果オーライなのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました