仲良しカップルよりケンカばかりのカップルの方が長続きする?

ハウツー

仲良しカップルは腹に何を抱えているか分かりません

今回は
ケンカばかりの
カップルの方が、
仲良しカップルよりも
長続きする理由について
お伝えします。

つきあっていく中で、
お互いに不満や
気に入らないことが
出てくるのは当然のこと。

でも、その不満を
彼にぶつけると
嫌われるんじゃないかと
思っていませんか?

言って
ケンカになるくらいなら、
言わずに
仲良しのままでいたいと
思っているのなら、
それは間違っています。

ケンカばかりなのに
なぜか長続きしている
カップルがあるのも事実。

お互いに不満を
言い合うことで、
どんどん相手のことを
わかっていっているのですよ。

ケンカは彼をもっと好きになるチャンス

恋人同士であっても
結局は他人。

価値観や考え方の違いで
ケンカになることは
避けられないものです。

でも、彼を怒らせると
なかなか
仲直りができないとか、
プライドの高い彼を
傷つけたくない、
といった理由で
ケンカを回避していませんか?

彼への不満を
そのままにしていると、
どんどんたまっていき、
そのうち爆発してしまう
かもしれません。

時には感情を
ぶつけ合うような
ケンカをすることは、
あなたが
不満を溜め込まないために
必要なことなのです。


「彼氏に不満がある」
ということは、
「この不満を解消できれば、
彼のことを
もっと好きになれる」
ということ。

ふたりの仲が
さらに深まる
チャンスなのです。

彼のプライドを損ねる言葉は「禁じ手」

お互いが仲良くなる
チャンスとなるケンカ。

でも、いくら
不満があるからといって、
何でもかんでも
やたらとぶつけるだけ
というのはいけません。

ケンカにもルールがあり、
反則となることも
当然あるのです。

彼とのケンカで
やってはいけないのは、
「プライドを
損ねることを言う」こと。

男性はプライドのかたまり。

少しでも
傷つけられると
過敏に反応してきます。

「こんなこともできないの?」

「なんか、男らしくないよね」

「ペコペコしてみっともない」

などと
自信を持っていたことを
否定されるような言葉を
言われると、結構凹みます。

そして、
自分の気持ちを考えないで
傷つく言葉を言ってくる
あなたへの気持ちが
一気に冷めたり、
逆上して
あなたに手を出してくる
かもしれません。
彼のプライドを
損ねないように、
言葉を変えてみましょう。

「こんなこともできないの?」と
蹴落とすのではなく、

「ここはこうすると
うまくいくんじゃない?」と
アドバイスをしてあげる。

「なんか、男らしくないよね」と
一刀両断するのではなく、
「潔くないのは
好きじゃないなぁ・・・」と
あくまでも彼の態度の
気になるところだけを
指摘するようにする。

「ペコペコして
みっともない!」と
彼の行動を
バッサリ否定するのではなく、
「なんでそこまで
謝らないといけないの?」と
彼がそこまでの行動をとる
理由について問いかける。

というように、
彼の状況を考えてあげて
言葉をかけると、
プライドを傷つけることは
少なくなりますよ。

おわりに

「ケンカするほど仲がいい」とは
良く言ったものです。

時にケンカになることも
あるけれど、
ここから仲直りができれば
もっと仲良くなれる。

それが
わかっているからこそ、
ちょっとでも
気になったことは
バンバン言い合うことが
できるのです。

ケンカがイヤだからと
言い争うことを
避けてばかりいるカップルは、
仲がいいように見えて、
腹の中では
相手のことを
どう思っているか
わかったものではありません。

彼のプライドを
傷つけさえしないよう
気をつけて、
あとは思う存分
自分の考えをぶちまけて
あげましょう。

ケンカ上等!ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました