仲良しカップルでも関係にひびが入るケンカでの一言

心理

仲良しカップルですら終了?クリティカルヒットな言葉とは?

今回は仲良しカップルでも
その関係にひびが入り、
別れることになってしまった
ケンカでの一言を紹介します。

いくら仲が良くても、
価値観や考え方の違いで
意見をぶつけ合ったりは
するでしょう。

そんなときに
「これは
言っちゃダメでしょ」という
セリフがあるのです。

どんなセリフが
ふたりの関係に終止符を打ち、別れるきっかけに
なるのでしょうか?

「もう好きかどうかわかんない!」

一時の感情で、
「もう彼のことが
好きではないかも」と
口走ってしまうこの言葉。

本心ではないのに
ものの弾みで
つい言ってしまいそう
ではあります。

ですが、
どんなに
カッとなったとしても、
「好きだ」という気持ちを
否定する発言は禁句。

言ったが最後、
取り返しのつかないことに
なるかもしれません。

「つきあっていてもなにも楽しくない!」

「あなたと
つきあっていても
何も楽しくない」
という言葉は、

あなたのために
一生懸命に
なっている人からしたら、
非常に屈辱です。

口論中は
お互いに冷静さを
欠いています。

ほんのわずかに
気になっていたことでも、
感情の高ぶりで
何倍何十倍になって

爆発してしまうことも。

これまでの努力を全否定され、
「そう、なら勝手にしろ!」と
本気に受け取られて
別れることになった
カップルもいます。


もしも言い過ぎたと思ったら、すぐにフォローすることを
忘れないようにしましょう。

「少し距離をおいてみない?」

どうしても
会えば相手のイヤな面や
気になるところばかりに
目がいってしまいケンカに。

そんな時期が
どんな仲良しカップルでも
あるものです。

状況を打破するために
距離をおくという
判断をするのは
いいことです。

でも、彼と元の関係に
戻りたければ、
くれぐれも相手への気持ちを
切らさないことです。

でも、距離をおくためにと
全く連絡もせずにいたり、
ひとりで
自由を満喫するのは
注意が必要です。

「彼氏?
そんなのいなくていっか!」とそのまま
自然消滅なんてことも
起こり得ますからね。

「わたしのこと、本当に好きなの?」

あなたの中には、
「好きなら好き」と
言葉や態度で示してほしい
気持ちがあることでしょう。

でも、
「好き」という気持ちが
表に出づらい男性も
いるのです。

そこを気にせず、
「好きだ」と
言葉や態度に
現れないからって
「ねえ、わたしのこと、
本当に好き?」などと
聞くのはやめましょう。

当たり前ですが、
あなたと
一緒にいるということは、
あなたに好意がある表れ。

にもかかわらず、
もっともっとと
愛情を要求する発言は、
彼にとても大きな
ストレスを与えます。

表立っては
見せないかもしれませんが、
送ってくるメールや
メッセージの内容などで
彼の気持ちを
感じとることはできませんか?

彼の気持ちを疑う前に、
ささやかなところに
見せているかもしれない
彼の想いを探ってみることを
お勧めします。

「仕事とわたし、どっちが大事なの?」

いつも「仕事が忙しい」と
なかなか会う機会が
なくなってしまうと、
どうしても
「どっちが大事なの?」と
口にしてしまいそうに
なりますよね?

でも、彼にとっては
仕事もあなたも
かけがえのない
大切な存在なのです。

「今仕事を頑張れば、
将来もっとあなたを
幸せにできる」

そう考えて
一生懸命に
頑張っているところに、
「仕事とわたし、
どっちが大事?」なんて
比べさせてしまっては
彼が困るだけです。

会えない切なさを
ぐっとこらえて、
仕事で頑張っている彼を
応援できるくらいの
気持ちでいたいものです。

おわり

ケンカの最中は
エキサイトしすぎて、
つい心にもないことや
意地悪なことを
言ってしまいます。

でも、その発言は
相手を傷つけ、
火に油を注ぐ結果に
なりませんか?

激しい言い争いの中、
ほんの少しでも
「これをいったらおしまい」と
考えられる余裕があれば、
別れるリスクは激減します。

たとえケンカをしていても、
心のどこかでは
相手を思いやる気持ちを
常に忘れないでいることが
仲良しカップルでいる
秘訣なのかもしれません。


コメント

タイトルとURLをコピーしました