オトコ受けもいい「かっこいい女性」になるポイント

ハウツー

かっこいい女性だって、オトコ受けするのです!

今回はオトコ受けもいい、
かっこいい女性になる方法を
お伝えします。

いつの時代も
「かわいい女の子」は
モテる対象となります。

でも、そういう子達って、
みんなどこか
「作っている」感じが
しませんか?

オトコ受けばかり狙って
本来の自分を曲げるのって、
なんかかっこよくないと
思いませんか?

あなたにも、
昔憧れたかっこいい女性が
いたことでしょう。

彼女たちは、
変にオトコに媚びず、
しっかりと
自分を持っていたから
かっこいいのです。

あこがれている女性のように、
あなたがなるのには
どうしたらいいのでしょうか?

ピンチに立ち向かう

いざというときに
きちんとした対応ができる
女性ってかっこいいですよね。

でも、困ったときに
どう対処したらいいのか
という能力は、
日々当たり前に過ごしていると
なかなか身につきません。

ピンチやアクシデントに
直面した時に、
あなたの実力が試されます。

ピンチに対処する能力を
養いたいと思った
あなたには、
「一人旅」がおすすめです。

旅には
アクシデントがつきもの。

時には
ちょっとしたピンチが
次々にやってくることも。

安易に人に頼ることなく
自力で
対処できるようになると、
多少のことでは
オドオド、ビクビクせず、
自信もつきます。

かっこいい女性に
一歩近づきますよ。

「自分」で決める

「人に嫌われたくないから、
何でも人のいうことを
聞いた方がいい」
と考えている人は要注意。

かっこいい女性から
遠く離れてしまいます。

また、何か決める時に
「何でもいい」もナシです。

何でも自分のことを
他人に決められたり、
どうでもいいって
考えているのは、
自分を大事にしていない
証拠です。

「好きなものは好き」
「イヤなものはイヤ」と
自分で決めることは、
自分を大切にすることに
つながるのです。

自分で決める
=自分を信じるのは、
責任が自分にかかってくるから
こわいものです。

でも、自分を信じ続けることが言葉通り「自信」となります。

人任せ、投げやりな
選択をやめて、
自分はこれ「が」いいと
きっぱりと決めることを
始めてみましょう。

噂話に参加しない

女性は噂話が大好きです。

誰と誰が
つきあっているとか、
誰々が浮気したとか、
耳を傾けたくなる魅力が
そこかしこにあるものです。

また、話に対する
リアクションで、
自分の気持ちやスタンスを
露骨ではないかたちで
披露できるので、
ある意味女性同士の
コミュニケーションに
なっているのかもしれません。

女性の世界は
グループ単位で
成り立っているので、
仲間に入らないと大変。

噂話にも
そこそこ参加しないと、
仲間はずれにされてしまう
恐れがあります。

でも、安易に乗っかるのは
あまりよくありません。


噂話は大抵面白おかしく
脚色されていますので、
根も葉もない嘘を
広めてしまうことがあります。

場合によっては、
噂話の相手を
傷つけることにもなるし、
本当かどうかわからない話を
簡単に言い広めるなどと、
あなたの信用を
大きく損ねかねませんよね?

かっこいい女性は、
時に孤高の存在として
グループから外れていても
凛としているもの。

かっこいい女性に
なるんだったら、
仲間はずれにひるむことなく
噂話に参加しないことを
おすすめします。

目標を持ってみる

毎日をだらだらと
過ごしている人を
あなたは「かっこいい」と
思いますか?

表情が暗く、元気のない人を
「かっこいい」と思いますか?

ハリや覇気を感じないで
生活にしていくのは、
かっこよさとは
大きくかけ離れたものです。

そのような日々を
繰り返していても
かっこいい女性には
なれないでしょう。

ハリのある日々を
送るために、
目標を持って
生活してみましょう。

例えば、
「職場のみんなに
笑顔であいさつする」とか
「上司から頼まれた仕事を
今日中に終わらせる」など、
毎日心がけたいことや、
その日一日だけの
自分への課題を決めて
やってみるのです。

目標に取り組もうとする
活力が生まれてきますし、
目達成することができれば、
自信が芽生えます。

おわりに

実は、「かっこいい女性」を
目指すのは、
オトコ受けのため
だけではありません。

自分の信念や
考えにしたがって、
あなたが
あなたらしくいられる。

これこそが
かっこいい女性を目指す
最大のメリットです。

人に媚びず、妬まず。

周りとは群れないけれど、
信頼は厚い、など。

あなたにも
理想の「かっこよさ」が
あるはず。

毎日こつこつと
摘み上げることで、
その理想に
近づいていきましょう。




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました