男性心理が語る!なかなか本命の彼女にしたがらない女性って?

心理

本命の彼女になりたいなら、避けておくことがあるのです

今回は男性がその心理から
なかなか
本命の彼女にしたがらない
女性についてお伝えします。

誰だって、好きな人の一番、
すなわち
本命の彼女になりたいもの。

でも、あなたがいくら
彼の本命になりたいと
思っていても、
彼を本気にさせられなければ、
その思いを叶えることは
きわめて難しくなります。

彼女として
つきあうことができず
一時的な関係で
終わってしまうのには、
それなりの理由があるのです。

それを踏まえて、
本命になりづらい
女性の特徴を
見ていきましょう。

なにかと面倒

男性は面倒なことが
好きではありません。


ノッているときは、
まめに会ったり
連絡をしてくる割に、
ちょっとでも
面倒だと思い始めると、
しばらく会わなかったり、
既読スルーは当たり前。

「自分のものになった」と
思った途端、
釣った魚に
エサをあげないことなんて
日常茶飯事です。

あれだけマメだった彼が、
面倒だと思った瞬間
ここまで変わるのかと
きっと驚くことでしょう。

ですので、
ここまで順調に
彼との関係を
築き上げてきたとしても、

「あ、なんかこいつといるの
めんどくさい」
と思われたが最後、
知らずしらずのうちに
離れていき、
連絡がとれなくなります。


また、絡むと面倒だけど、
見た目が魅力的な
女性に対しては、
都合のいいときだけ呼んで
遊んだりするだけの関係に。

会うたびに
何度も「わたしの事好き?」と
聞いてくるとか、
メッセージの返信を
せがんだりするのはもちろん、些細な言葉の行き違いで
簡単に相手の存在を
面倒に思えてくるのです。

本命の彼女になるためには、
彼に面倒だと思われないよう、
言動に気を使うことが
求められることもあるのです。

いきなりカラダの関係を結ぶ

エッチから始まる恋愛に
未来がないことは
よく言われます。

その理由としては、
「エッチ」が男女の恋愛の
ひとつのゴールであることが
大きく関係しています。

いきなりエッチを
させてしまうと、
そこで満足してしてしまい、
相手の心やその他のことに
興味が薄くなり
カラダばかりを
求めてしまいます。

いくら相手の事が
好きだからと、
たやすくカラダを
預けてはいけないのです。


ですが、あなた自身に
興味を示している間は
カラダ=エッチのことは
あまり意識していないので、
それほど
心配しなくても大丈夫。

その間に駆け引きを覚えて、
簡単にカラダを
求められないように
しましょう。

彼の事を最優先しすぎる

気になる相手を
狙っているライバルが
多い場合、
彼の言うことを聞くことが
差をつけることだと、
安易に何でも言うことを
聞いてしまっていませんか?

そのような心持ちだと、
彼に尽くすことが
決め手となって、
晴れて彼女になっても、
彼の頭にあるのは
「こいつは俺の事を
何でも聞いてくれる」という
都合のいい女のイメージ。

一度このようなイメージを
持たれると、
彼の行動は
エスカレートするばかりで
なかなか覆すことが
できません。

いつか彼が
ちゃんと自分のことを
見てくれるはずだと、
彼のことを優先しても
あまりいいことはありません。

あなたの考えや
気持ちを押し殺してまで
彼に心地よさを
提供していても、
あなたが大変なだけで
彼が図に乗っていくだけ。

その上、都合のいい女性として
本命になるどころか、
単なるキープで
終わってしまうのです。

おわりに

「自立心がなく、
彼に依存している
都合のいい女」

このような女性は
本命の彼女に
なりづらいのです。

彼が大切だからこその
行動だとしても、
それが彼に
ウザいと認定されればアウト。

彼のことが好きだからと
ベッタリになりすぎるのも
アウト。

こんなの、
面倒くさくないですか?

いちいち彼のことで
一喜一憂するよりも、
自立したひとりの
魅力的な女性として
彼を引きつけた方が、
お互いの関係は
より良くなっていきますよ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました