思いが空回り!失敗する元彼との復縁のアプローチとは?

復縁

元彼との復縁は、アプローチに失敗すれば台無しに

今回は失敗する
復縁のアプローチについて
お伝えします。

復縁は、あなたの気持ちだけ
プッシュしても
なかなかうまくいきません。

彼の中ではもう終わったこと。

あなたへの気持ちに
区切りがついているのです。

それなのに、
あなたがガンガン
アプローチをかけてくる。

あなたが彼の立場なら、
正直ウザいと思いませんか?

あなたが頑張れば頑張るほど、彼の気持ちが
離れていくことに
いい加減気づかないと
いけません。

気持ちをゴリ押ししてくる

大好きだった彼。

まさか別れるなんて
思いもしなかった。

だってまだ好きなのに・・・

早く彼と元の関係に
戻りたいからといって、
別れてすぐに
「もう一度
つきあえないかな?」
なんてガンガン連絡するのは
ダメです。

あなたはまだ
彼のことが好きなのに、
なんでふたりは
別れなくては
ならなかったのですか?

別れた原因が
分からないまま、
再びつきあったところで、
また同じような理由で
別れると思いませんか?

いわゆる「冷却期間」が
必要だといわれるのは、
自分と相手のことを
じっくり考え直すことで、
復縁できた場合に
お互いをより良く
わかりあってから
つきあえるからです。

まだ好きだからと、
冷却期間を置かずに
自分の気持ちを
ゴリ押ししたアプローチを
かけまくっているとしたら、
復縁は難しいのです。

自分本意に元彼のことを考える

仮に冷却期間を
置いたとしても、
相手のことを考えず
自分本位にガンガンいくのは
やめましょう。

なんとか連絡をとりたいと、
つきあっていた頃以上に
メールやメッセージを
入れまくる。

返信がなければ、
「なんで返事くれないの?」とか
「あたしのこと
なんで避けるの?」と
ネガティブな
メッセージを送る。

「別れてから
だんだん冷たくなった」などと、
一方的に彼を悪者扱いする。

彼のことを追いかけたり、
必要以上にプライベートに
突っ込んでくる。

ほとんどストーカーといえる
これらの行動、

あまりにも
自分勝手じゃないですか?

別れてしまえば、
もうあなたの彼氏では
ありません。


自分本位で
動いてしまうことは、
彼への印象を大きく下げ、
復縁を遠ざける一方ですよ。

感情的になりすぎる

何とかして
よりを戻したい・・・

あなたのその熱意は
きっと彼のもとに届きます、
ということはありません。

人前にもかかわらず、
彼にすがったり、
泣きわめいて復縁を懇願する。

思うようにいかないからと、
殴る、蹴る、はたくなどの
暴力に走る。

「よりを戻してくれなきゃ、
自殺するから」と
脅迫めいた行動をとる。

熱が上がってくるにつれて、
感情的になってしまうと
元彼はドン引き。

復縁どころではありません。

一時の感情の高ぶりで
このような行動をとると、
あなたの望みは
叶うどころか遠のくだけ。

彼氏だけでなく、
友人や家族も
「それはないわ・・・」と
敬遠してしまい
味方がいなくなる恐れも
出てきます。

おわりに

過ぎたるは及ばざるがごとし。

復縁したいからと
自分の気持ばかり
伝えたところで、
いい結果につながることは
ほぼありません。

あなたがまず考えることは、
元彼の気持ちに合わせて
あふれる思いを
どうやって抑えていくかです。

彼の気持ちが
あなたに向いていないのに、
無理やり
振り向かせようとするのは
よくありません。

早くしなきゃと
焦る気持ちもわかりますが、
自分の気持ちを抑え、
彼の気持ちに
寄り添っていく方が、
よっぽど復縁の可能性も
高まるのではないでしょうか?


コメント

タイトルとURLをコピーしました