大学生とのカップルも夢じゃない!年上女性の効果的なアプローチ

心理

大学生とだってカップルに。年上女性が目指すアプローチの方向性って?

今回は、大学生くらい
年下の男性とだって、
カップルになることのできる、
効果的なアプローチについて
お伝えします。

「強く、頼りがいのある」
というイメージで押すのも、
年上女性の戦術のひとつです。

でも、自分が年上だからと
気張ってしまうと、
どうしても
「頼れるお姉さん」とか、
「面倒見のいい姉御」といった
イメージが離れにくくなります。

そのため、
よっぽど守られたいとか、
シスコンの男性でない限り、
恋愛に発展することが
難しいという残念な結果に。

そうならないよう、
年上ならではの
魅力やギャップを生かした
アプローチを
身につけていきましょう。

年下だからと子供扱いしない

まずは、相手の男性のことを
年下だと意識しないことです。

「〇〇君、まだ若いから・・・」
なんて、彼に向かって
口にしていませんか?

少し物足りなさや未熟さが
そこかしこで見られてしまい、
つい言葉にしてしまうのですが、
これは相手の男性のプライドを
著しく損ねます。

年齢や経験がないことを
匂わせる発言は避け、
あくまでも
一人の男性として
対等に接することが大切です。

気になる男性には、
ちょっとくらい頼りなくても
「やっぱり〇〇君って
頼りになるね♪」と
伝えてみましょう。

「年上」の女性にも
頼られる自分だと、
彼も誇らしく思うはずです。

あなたってSだよね?

普段ちょっとひ弱に思える
彼に対しては、
「〇〇君って、
意外にSっぽいよね?」と
言ってみるのも手です。

相手にSだと伝えることは、
「彼に力強さを感じてるので、
自分をリードしてほしい」という
あなたの意思表示になります。

見た目がいかにも貧相な男性に、
「あなたって
強そうだね」というのは、
嘘っぽい感じがしますが、
「Sっぽいよね?」というのは
それほどわざとらしさを感じません。

あなたの質問に、
「いや。俺どっちかというと
Mっすよ」という返事が
返ってきても気にしないで大丈夫。

多少なりとも
会話が成立することで、
あなたに対して
それほど不快感を
持っていないことがわかります。

また、リードしてあげるほうがいいのかな?と今後のアプローチの戦略を立てることもでるのです。

「女子らしさ」というギャップ

職場や飲み会の席など、
ところどころで恋愛ネタや
ちょこっとセクシーな話題が
ふられることもあるでしょう。

そんな時に、あまりにも
「何でも知ってる」アピールを
してしまうのはよくありません。

彼があなたに
好意を抱いていたとしても、
「高嶺の花」とか「経験豊富」
というイメージをもってしまいます。

そのため、
彼が純粋な恋愛対象として
見てくれなくなってしまう
可能性があります。

時には、
恋愛ネタや下ネタに対して
「ちょっと恥ずかしいな」とか、
「なんか照れちゃうな」
というリアクションもありです。

あまりに突っ込んだ話は、
ちょっと恥じらいを含んだ態度で
さらっと流すなど、
何でも知っている感のある
年上女性とは違った
「女子らしさ」のギャップを
出すのがいいのです。

おわりに

年下の男性に対しては、
あくまでも同年代の男性として
接することが一番自然で
いいのかもしれません。

あなたが年上ということで、
「相手にされないんじゃないか」
などと、彼が勝手に壁を
作ってしまっていることが
考えられます。

あなたが意外と?
気さくで接しやすい人だとわかれば、
彼から近づいてくることは
間違いありませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました