結婚できないと言っていた男性をその気にさせた方法

ハウツー

「結婚できない」という男性には、何らかの原因があるのかも・・・?

今回は結婚できないと
言っていた男性を
結婚する気にさせた方法について
お伝えします。

いわゆる「結婚できない男」は、
そもそも結婚願望自体
薄いことが多いです。

そういった男性は
「結婚は男性にばかり
責任とリスクがある」とか、

「こだわりある生活をしたいのに、
妻や子供に
邪魔されるのがイヤだ」などと、

結婚がデメリットばかりだと
思い込んでいたり、
新しい家庭を作る喜びよりも、
自分の世界を優先しているものです。

特に30歳を超えて
ある程度の収入を得て、
仕事の楽しさを覚えてしまうと、

例え恋人であっても、
他人と生活するよりも、
好きなものに囲まれて、
悠々自適に
生活する方がいいと考えるのも
仕方のないことなのかもしれません。

そもそも結婚する気のない男性を
その気にさせるには、
結婚することのメリットを伝え、
あなたと一緒にいることが
幸せであると
彼に思ってもらうことが必要です。

本当に結婚したくないの?

彼は本当に結婚したいのか?

それとも
まったく結婚したくないのか?

まずはそこを見極めないことには
何も始まりません。

結婚の意思があるかどうかを
聞きこむのは、
「価値観の違い」が
はっきりくっきり出てきます。

結婚したいあなたと
結婚したくない彼では、
価値観が180度違います。

慎重にことを進めないと、
彼と別れてしまうことに
なりかねません。

うっかり地雷を踏まないように
気をつけましょう。
彼が本当に結婚する気がないのか?

それとも、
いつかは結婚する気でいるのか?

それを確認するには、
彼に両親のことを
聞いてみるといいのです。

仲睦まじい両親が、
幸せそうに暮らしている姿を
日々見てきたのなら、
結婚して家庭を持つことに
悪いイメージはあまりないでしょう。

逆に、いつもケンカしていたり、
彼に対して優しいお父さんや
お母さんでなかったなら、
いいイメージはほぼないと
考えていいはずです。

自分の親についての発言で、
彼が持っている夫婦というものの
イメージがかなりわかります。

いいイメージならば、
今は結婚できないけれど、
そのうちにと考えている
可能性があります。

逆に悪いイメージだとしたら、
あんな親や夫になりたくないと
結婚に後ろ向きな考えを
持っているかもしれません。

ピンチの時は助けるよ

結婚に対して
いいイメージがある彼なら
あとひと押し。

そうでない場合は
慎重にふた押し、三押しすることで、
「結婚しよう」と
考えるかもしれません。

日常生活のなかで、
誰かと一緒にいることが
幸せなものなのだと伝えることが
その気にさせる方法のひとつです。

「オトコの心をつかむには、
まず胃袋をつかむこと」なんて
よく言われますが、
手料理をふるまうことは
割と効果があります。

または、あなたの周りにいる
幸せな家庭にお邪魔して
イメージを膨らませるのに
いいでしょう。

また、彼が病気の時に看病したり、
仕事で忙しくしている時に、
それとなく
フォローしてあげたりすることが
大切だったりします。

彼が忙しくしている時に、
会えないからと文句ばかり
言っているようでは、
さすがに
一緒にいたいとは思わないでしょう。

彼が大変な時にこそ
助けてあげられる女性になることで、
「コイツなら
何かあった時も
頼りになるかもしれない」
という気になって、
結婚へと気持ちを
傾けさせることになるのです。

おわりに

結婚できない男性を
結婚できる男性に変えるには、
日常にある幸せ、
人と一緒に過ごすことの幸せを
示すこと。

それと、
ピンチになった時は助けてくれる、
支えてくれるという
安心感を与えること。

このふたつが肝心です。

結婚生活は山あり谷あり。

パートナーとして
お互いに支え合い、
助け合わなければ、
越えられるものではありません。

男性にばかり、何もかもを
背負わせるような態度だと、
いつまでも結婚したいとは
思わないでしょう。

あなたの方が少し多めに
荷物を背負うくらいの気持ちなら、
彼も安心して、
あなたと人生を歩んでいきたいと
思うかもしれませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました