「キスして」と声にしなくても気持ちが表れるかわいいキス顔の作り方

キス

「キスして」と声でおねだりしなくても、その気持ちが分かるかも?

今回は
こちらから「キスして!」と
声をかけなくても、
相手がキスしたくなる表情について
お伝えします。

普段、キスするときの顔つきを
意識したことってありますか?

おそらく、
そんなに意識したことは
ないでしょう。

キスする時は
お互いに目をつぶっているから、
どんな顔をしているかなんて
気にすることがないのが普通です。

でも、「キス顔」が
いまひとつだと、
彼の反応もいまいちだったりします。

場合によっては、
キスする気が失せることだって
あるのです。

一度鏡で自分のキス顔を
映し出してみましょう。

うっすらと目を開けて時に、
あなたの目の前にあるのは、
彼がキスしたいと思う顔でしょうか?

薄目を開けない

先ほど鏡で見てもらう時には
薄目を開けて
確認してもらいましたが、
本番の時薄目を開けるのはNG。

薄目を開けた顔は、
結構気味が悪いものです

目を開けようとして
眉をつり上げる動きなんかも、
彼の気持ちをそいでしまう
可能性があります。

彼の動向が気になっても、
薄目であっても目を開けずに
キスが来るのを
おとなしく待っていましょう。

目を強く閉じすぎない。

薄目を開けるのも
よくないのですが、
緊張のあまり
力が入りすぎてしまうのも
よくありません。

目元や目じりに
しわが寄ってしまい、
およそ「かわいい」キス顔からは
遠ざかってしまいます。

そして、
力を入れれば入れるほど、
鼻や額にまで
しわが寄っていきます。

できるだけ
緊張をしないことが
解決の道。

ドキドキしてる気持ちが
顔に出ないようにするには、
ちょっとは練習が必要なのです。

口をすぼめる

実際のキスの時には
口をすぼめると
キスしにくいのですが、
「キスしたい」と
アピールするキス顔では
口をすぼめるのは効果的。

とはいえ、
マンガで描かれるような
「3」の形や
タコのような形ではありません。

突き出すのではなく、
口をすぼめるイメージ。

試しに軽く「キス」と
言ってみましょう。

その時にできた口の形、
結構かわいくないですか?

唇を閉じて口角を上げる

すぼめる口元が
愛らしいキス顔だとしたら、
今度はちょっと大人の
キス顔のための口元の作り方です。

口角を上げて、スマイル。

いい笑顔ができたと思ったら、
唇を閉じてみましょう。

口をすぼめる時より
自然な感じで、
実際にキスするイメージが
わきやすくないですか?

顔をキュッとしめる

唇に意識が集中するからか、
キスの最中の顔って、
結構しまりがなくて
だらけた感じがします。

逆に緊張しすぎてしまうと、
顔のあちこちにしわが寄って、
梅干しみたいに。

適度な緊張を保ちつつ、
顔が不細工にならない状態を
調べてみましょう。

キス顔を自撮りして、
研究するのがおすすめ。

これだ!というキス顔ができたら、
いたずらで彼に送るのもいいかも。

その代わり、
次のデートでは
キスは覚悟しておきましょうね。

おわりに

キス顔は、
実際のキスを連想させる
セックスアピールのひとつ。

上手に使いこなすことができれば、
キスしたいタイミングは
あなたの思うまま。

かわいいキス顔を身につけて、
彼の心を揺さぶっちゃいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました