「好きだけど別れる」本当の理由って?

心理

好きだけど別れる、その本当の理由、知ってます?

今回は好きだけど別れる、
その本当の理由について
紹介します。

「好きだけど別れる」

なんとなく耳ざわりは
いいのですが、
好きだったら
別れなきゃいいのにって
疑問に思いませんか?

でも、好きだけど別れる人には
ある共通点があるのです。

ひょっとしたらあなたも、
好きだけど別れられる人
なのかもしれませんよ。

好きだけど別れられるのはなぜ?

恋人同士が別れる理由は様々。

たとえば「遠距離になった」とか、

「このままつきあっても、
お互いのためにならない」とか、

「価値観が違うから」とか、

「相手と釣り合わなくて
迷惑をかけてしまうから」とか。

どうしようもない理由から、
これって自己陶酔じゃない?
なんていうものまで、
恋人の数だけ別れの種類が
あるのかもしれません。

好きだけど別れる人も、
なんだかんだと
理由をあげていきます。

でも、本当の理由については、
別れる自分自身も
気づいていない場合が多いのです。

本当の理由って
なんだかわかりますか?

真実は非常にシンプルです。

それは「好きじゃなくなったから」

え?どういうこと?

好きだけど
別れるって言ってるのに、
好きじゃないから別れるって
意味が分からない。

きっと、
そう感じていることでしょう。

では、「好き」という感情が
2種類あるとしたら
どうでしょうか?

片方の感情では「好き」だけど、
もう一方の感情では
「好き」じゃない。

好きだけど別れるというのは、
実はこの状態なのです。

「恋愛感情としての好き」と「人としての好き」

好きだけど
別れられる人というのは、
「恋愛感情としての好き」が
なくなっている状態にあります。

最近の自分の行動を
振り返ってみましょう。

つきあい始めに比べて、
彼のために
何かしてあげようという
モチベーションが
下がってきたと思いませんか?

彼のために何でもしてあげたい。

むしろ、
自分はどうなってもいい!
というくらい。

逆に、彼のすることなら
何でも許してしまえる。

そういった自分よりも
彼のことを大切にできる感情は、
「恋愛感情としての好き」な
気持ちの表れです。

この感情は
とてつもないエネルギーを
発揮します。

それこそ、
時に漫画のようなパワーを
見せることも。

暴力を振るわれようと、
セクハラをされようと
彼のことを何でも許せちゃう。

たとえ外国に住んでいたとしても、
会いたくなったら
チケット代を稼いで会いに行く。

まさに恋愛の力、恐るべし!です。
これに対して、
「優しい」とか
「気遣いができる」とか
「おもしろい」とか「凛々しい」とか、
人として魅力的に感じるのが
「人としての好き」。

「この人良いかも」って
男女関係なく思ったりしますよね?

その感情です。「人としては好き」なんだけど、
もう彼のために
なんでもできるような
パワーは生まれてこない。

でも、「情」や「未練」
といった感情が、
まだ好きなのかもしれないと
勘違いを起こさせているので、
「好きだけど別れる」という
矛盾した状況を
もたらすのです。

おわりに

今つきあっている彼と
別れたいと思っているならば、
だいたいは
恋愛感情としての
好きな気持ちが
薄らいだ証拠です。

「他に好きな人ができた」
というのも、
恋愛感情としての
好きな気持ちが
彼から他の誰かに移った
ということで説明がつきます。

あなたが今彼に
抱いている気持ちは、
「恋愛感情として好き」ですか?

それとも「人として好き」ですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました