大学生からのカップルが長続きするのは「格差」がないからです!

心理

カップルに何らかの「格差」があるのは危険なのかも?

今回は大学生からのカップルが
なんで長続きしているのかを
考えていきます。

あなたの周りにも、
大学時代から
ずっとつきあっている
カップルっていませんか?

それなりの年齢になっていれば、
結婚も意識してもいいはずなのに、
彼女たちはあまりそっちには
興味ない様子。

それでいて、
特に別れる感じでもなく、
仲がいい。

なぜ、彼女たちは
長続きしているのでしょうか?

お互いがどんなものかわかりあっている

長年つきあっているだけに、
こんな時に彼がどんなことを
考えるものなのか?

または、自分が彼に
こう言われた時は
どういった態度に出るのか、
といったことが
あらかじめわかってきます。

さすがに、学生時代の
ときめきやドキドキは
そんなにないかもしれませんが、
長くつきあっているというのは
お互いに居心地の良さを
感じている証拠。

あまりに居心地のいい状態は、
時としてマンネリと
なってしまいがちですが、
長続きしているのなら、
それを解消する術も
持ち合わせていることでしょう。

ただのときめきや
ドキドキを感じるだけの恋愛から、
お互いを必要とする
円熟した恋愛に
発展しているのです。

経済レベルがほぼ一緒

金銭感覚を含め、
育ってきた環境による
生活レベルの違いは、
ふたりの関係に大きな亀裂を
生じさせることがあります。

ですが、
大学から一緒で
生活レベルがほぼ一緒だと、
お金に関してに
ギャップを感じることは
まずありません。

相手に合わせて
無理にお金を使うことも
ありませんし、
懐具合もわかるので、
無理なおねだりをすることも
ありません。

特に男性は、自分の方が
彼女より収入が少ないと、
自尊心が大きく損なわれます。

かといって、彼があまりに
お金持ちだったりすれば、
彼女の方が気遅れしたり、
無理する羽目に。

結局、身の丈に合うくらいの
相手の方が、
長続きすることになるのです。

仕事の忙しさがほぼ一緒

恋愛感情を
長続きさせる一番の方法は
「できるだけ相手と
接触すること」です。

遠距離恋愛のように、
物理的に接触する機会が
少なくなると、
一気に気持ちが
冷めてきたりします。

ふれあいが少ないと感じると、
どうしても心の距離も
離れていってしまいます。

会えない気持ちが
ストレスやジレンマになり、
別れてしまうカップルも
多いものです。

ですが、出身大学が同じなら、
勤める会社のレベルも
そんなに大きく変わりませんし、
地元に帰ることがなければ、
勤め先も、それほど
離れることはありません。

新入社員同士であれば、
やっている仕事のレベルや
収入だって
早々大きくは変わりません。

遠距離恋愛や、
年齢差のあるカップルよりは
会える機会は多いでしょう。

知的レベルが一緒

普段の会話の中で、
話題が合わなかったり、
所どころで出てくる言葉が
通じなかったりすると、
その人と話すのが
つまんなかったり
億劫になったりしませんか?

知的レベルは
会話の中に結構表れてくるので、
話していて、なんとなく
違和感を感じるようだと、
つきあう気に
なれなくなったりするものです。

それは相手のことを
バカにしているのではなく、
話に共感したり、
同じ話題を共有することが
好意につながってくることも
関係しています。

会話が成立することだけでも
好意を持たれ、
関係が長続きする要素が
あるのです。

おわりに

大学生からのカップルの
つきあいが長続きしているのは、
お互いの関係に
「格差」がないからなのです。

生活のレベルや
知的レベルが一緒で、
お互いが無理なく
つきあっていける。

それなりに理解力もあるので、
お互いの心理状況や行動も
わかってあげられる状態だから
相手を思いやることも
そんなに難しくないのでしょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました