マジですか?かわいい女になるために邪魔な性格なんてあるの?

心理

女に生まれてきたからには、一度でいいから男性に「かわいい」と言われたい・・・

今回はかわいい女になるためには
あまり好ましくない性格を
紹介していきます。

女性ならものごころがついてから
何度も思い浮かべる「かわいい」自分。

顔やスタイルが元々いい人は
置いておいて、
大抵の女性は
この一言を周りからもらうために
並々ならぬ努力をします。

あなたもそのために
ヘアスタイルやメイク、
ファッション等の
外見的な要素だけでなく、
言葉遣いや仕草、
果ては目線の送り方に至るまで
研究を重ねてきたことでしょう。

でも、いくら外から見えるところを
かわいくしたところで、
からだの芯からにじみ出てくる
性格がかわいくないと、
男性どころか同性にまで
かわいいとは思われません。

では、かわいいと言われない性格とは
どんなものがあるのでしょうか?

警戒心が強くマイナス思考

男性が声をかけやすいのは、
ガードが固くなく、
声をかけても朗らかに
優しく対応してくれる女性。

反対に、いつもむすっとして不愛想。

眉間にしわを寄せて
不機嫌そうにしている。

声をかけても、朗らかどころか、「・・・何?」と
明らかに相手を
警戒しているような応対。

そんな警戒心が強い女性は、
いくら見た目がよくても
かわいいとは縁遠い存在です。

また同様に、見た目がよくても
言葉がネガティブで
マイナス思考な女性も
敬遠されてしまいます。

・・・というより、
そのような陰キャでは
同じ女性ですら
寄り付かないでしょう。

男性、または人自体が
苦手なのかもしれませんが、
人間関係は合わせ鏡のようなもの。

あなたが周りに対して
マイナスなイメージを
持っていると、
周りもあなたに対して
マイナスなイメージを
持つようになります。

トラウマの影響などがあれば、
いきなり警戒心を解くことは
難しいでしょう。

ただ、人と関わらない人生は
ありえません。

徐々にでも、
自分の固いガードを
解き放つことができるといいですね。

計算高い

男性は女性の
計算高いところを見るのが苦手。

本当にモテる女性は、
たとえ計算の気持ちが
あったとしても、
周りにはそれを感じさせない
したたかさを持っています。

男性がそうした計算高さを
敬遠することがわかっているので、
わざと知らないフリや
演技をすることができるのです。

でも、計算高さ丸出しの女性は、
自分の要求を満たそうと
まるで相手を尋問するかのように
質問攻めにして、
会話を楽しむということを
一切しません。

会話というものは、
相手の話を聞き、
それを踏まえて
いろいろな方向へ展開したり、
より深めていくものです。

当然ながら、
そんな女性はいくらかわいくても
相手にされません。

プライドが高い

自尊心が高く
強気で姉御肌なタイプは、
「かわいい」の対極にある存在と
いえるでしょう。

そんな性格で、
相手に対して
批判的な姿勢で反論ばかりを
繰り返してしまったり、
ロジカルな発言で
言いくるめていたりすると、
男性は腰が引けてしまいます。

男性はお喋り能力では
女性よりも劣ることが多いため、
 言葉で責めたてられると
まず勝てません。

「男性なんかに負けてたまるか」
という気持ちは
わからなくはないのですが、
「かわいい女」になるには、
そのプライドが邪魔になります。

そもそも男性は
打ち負かす相手ではなく、
仕事の面でも、プライベートでも
パートナーとなるべき存在。

時には
「負けるが勝ち」くらいの気持ちで、
自分を抑えることも大事なのです。

おわりに

男性は素直で
従順な雰囲気のある女性を
「かわいい」と感じる
傾向があります。

自立した
しっかり者の女性からしたら、
男性にこびているような態度に
ムカつくかもしれません。

ただ、自立した
強い女性のイメージを持ちつつ、
「かわいい女」になることは
可能です。

男性のことを
「敵」・「ライバル」ではなく、
「同士」・「仲間」として
見てみましょう。

自分ひとりで
突っ張っていたって
いいことはありません。

いざというときに
誰かを頼ることのできる
「素直な」気持ちがあれば、
それがかわいいと感じる
男性もいるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました