長く続くカップル。その秘訣は相手に求めないこと?

心理

長く続くカップルには、何やら秘訣があるようです?

今回は長く続くカップルの
ある秘訣についてお伝えします。

様々なカップルの形がありますが、
大概理想とされているのは、
お互いに依存や寄りかかりのない
「50:50な関係」ではないでしょうか?

相手が与えてくれたものを
返していく。

その繰り返しで、
どちらかに頼ることのない関係を
築けていけるのがいい。

でも、あなたが
いろいろしたからといって、
必ずしも彼が
それに応えてくれるとは限りません。

長続きするカップルは
その辺りを
しっかり把握しているので、
無理に対等な50:50の関係に
なろうとはしないのです。

役割分担が大切

彼が忙しいからと言うので、
楽しみにしていたデートを
取りやめる。

彼が疲れているから、
わざわざ家まで迎えに来てあげる。

そもそも、
わたしばかり「会いたい」と
言ってる気がするんだけど・・・

ひょっとして、
彼はわたしと会いたくないのかな?

そんなあなたの気遣いや
揺れる心を気にもしないで
全てを受け入れるだけの彼。

そのうちに
「私はあなたのためを思って
いろいろやっているのに、
なんであなたは何もしてくれないの?」
なんて、一気に不満が爆発
してしまうのではないでしょうか?

対等な関係を求めようとすると、
自分の労力に見合ったことを
相手にも求めがちです。

その結果、知らず知らずのうちに
相手に見返りを
求めるようになってしまいます。

ですが、長続きするカップルは、
見返りを求めるのは
不毛だと悟っています。
ある女性に聞いたところ、
「会いたい」と思うのはいつも自分。

つきあいはじめは、
彼から「会いたい」と
言ってこないことにムカついたり、

「本当にわたしのことが
好きなのかな?」と
不安に思っていたようです。

でも、彼女の方で、
彼が会いたいと思う質量と
自分の質量は違うのだと悟り、
それなら、
自分が思うようにした方がいいと
考えを変えました。

今では「会いたい」と思ったら、
彼からのリクエストを加味しつつ、
当日のデートプランなど
一切を自分からすすんで
決めてしまうそうです。

彼はそれに文句も言わず
楽しんでいるそうです。

変に見返りを求めて
ストレスを溜めるよりは、
「これが自分の役割なんだ!」、
そう決めて
思うようにすすめていった方が
いいのです。

お互いの「思い」に感謝する

彼の方は何もしていないのか
気になったので、
先程の女性に聞いてみました。

すると、
デートプランをたててくれたことに
しっかりと感謝して、
思いっきり
楽しんでくれるのだそう。

また、デート中に
ちょっとしたハプニングや
トラブルが発生したときは、
さっと判断して問題を解決したり、
くだらないことを言って
場をなごませてくれたりするので、
すごく頼りになるそうです。

彼は彼なりに、しっかりと
役割ができているのです。

加えて、彼女の事を思うが故に、
万が一に備えて
いろいろな対処法を
考えているのかもしれません。

ですが、いくら役割が
決まっているからといって、
お互いがそれを
甘受しているだけなのは
よくありません。

相手の好意に甘えて、
やってくれることが
当たり前だと思って
何も反応しないでいると、
そのうちに愛想を
つかされることだってありえます。

それぞれに好意や思いやりを
感じたのであれば、
それを「ありがとう」といった
言葉や、感謝の意を表す行動で
示すことが大切です。

しっかりと言葉や行動で
感謝の気持ちを表すことができれば、
相手も気分がよくなり、
もっと喜んでもらおうと
するでしょう。

長く続いているカップルは、
お互いに感謝を忘れず、
リスペクトし合っているからこそ
関係が保たれているのです。

おわりに

彼が特に反応がなくても、
あなたから心構えを変えて
接し方を変えていけば、
やがて彼の方も
あなたをより喜ばせようと
変わってくるはずです。

気長にじっくり
取り組んでみましょう。

相手には特に期待や見返りを求めず、
相手が自分のために
何かしてくれたことには、
心から感謝する。

ひょっとしたら、
それが長続きする秘訣であり、
真実の愛のかたち
なのかもしれませんね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました