こんな女性の婚活がうまくいくわけがない4つの要因とは?

ハウツー

こんな考えじゃ婚活は無理!という女性って?

今回は婚活が
うまくいっていない女性に、
こんな考えじゃ
うまくいくものもいかない
理由をお伝えします。

パーティーもお見合いも
積極的に出ているのに、
なかなか結果に結びつかないあなた。

ひょっとしたら、
婚活での大事なポイントを
押さえていないのかもしれません。

過去の自分や周りに
振り回されていては、
いつまでもあなたの望みは
叶いませんよ。

プライドにしがみつく

「昔はモテた」とか、
「○○大卒の高スペック」、
「今でも20代で通用する」などと
過去の経歴を引き合いにして、
婚活なんて楽勝!と
思っていませんか?

そういう人に限って、
今の自分が見えていません。

かつての経歴や
今のルックスを鼻にかけて、
あなたのことが気になって
声をかけてきた男性を袖にしたり、
女王様のような振る舞いをしたり。

そんなことをしていれば、
誰だってあなたの元から
去っていくに決まっています。

もう一度自分を
見つめ直してみましょう。

だいたい、
今のあなたが魅力的なら、
もうすでに結婚していても
おかしくないのです。

今現在
結婚できていないのですから、
何かがあなたの結婚を
阻止していると考えるのが
普通です。

そのひとつが、
自分の経歴や見た目がいいからと
慢心しているという
安っぽいプライド
なのかもしれません。

まずは、プライドという
鎧を脱ぎ捨てて、
相手が寄り添いやすい
雰囲気を作っていくことから
始めませんか?

親元を離れず、何でも親任せ

職場から近いからと言って
いい年して実家暮らし。

部屋の掃除も、三度のご飯も、
下着の洗濯も親に任せっぱなし。

そんなぬくぬくで、
こたつにミカン状態に
埋もれているあなたは、
よさそうな相手が見つかっても
「親に相談してから」なんて
言うのではないですか?

実際に、結婚相談所に
親と一緒にくる人もいるようです。

でも、「自分の足で立ち、
自分の家庭を築き、
自分の道を進むのだ」という
心構えができない限り、
あなたの婚活は
「ごっこ遊び」でしかありません。

いつまでも
親に頼ってばかりいないで、
自分の道を踏み出すことで
何かが変わってくるはずです。

実家住まいだと、
あなたの部屋に呼び込むのも
難しいでしょうしね。

現実離れした条件

「容姿端麗、才色兼備の
わたしなんだから・・・」といった
プライドの高さのために
起きやすいものなのですが、

人によっては、
自分のことを棚にあげて
相手にばかり条件をつけてきます。

「年収1000万円」

「20代で家持ち 」

「広告代理店勤務」

など次々に条件を出してきますが、
そのひとつひとつが
非常に限られた男性にしか
当てはまらないものばかり。

当然ながら、
そのような相手は
すでに誰かの旦那さまに
なっているはず。

婚活していることは
ほぼないでしょう。

にもかかわらず、いつまでも
いるはずもない相手の条件を
出して続けたところで
意味はありません。

仮に
あなたの出す条件どおりの男性が
現れたとしても、
彼があなたを選ぶとは限りません。

厳しすぎる条件は、
あなたの活動の幅を
せばめるだけです。

条件の幅を広げたり、
いくつかなくすことで
あなたの方もいろいろな男性と
知り合うことができますよ。

ネガティブ思考

婚活は結婚したい相手が現れるまで、
こっちが断ったり
相手から断られたりの繰り返し。

なかなか相手に
自分の思いが伝えきれず
「縁がなかった」と
お断りを入れられてばかりだと、
「どうせわたしなんて・・・」と
思ってしまいます。

最初は乗り気だったのに、
何度も断られていると
自分がダメ人間なのではないかと
ネガティブに
考えていくようになります。

でも、ネガティブな気持ちを
切り替えできないでままでいると、
婚活自体も
うまくいかなくなります。

仮に、あなたが男性だったら
結婚したいと思う女性を
思い浮かべてみましょう。

今のネガティブ思考なあなたは、
そのイメージと合っていますか?

おそらく
大きくかけ離れていることでしょう。

今のあなたの姿では、
うまくいくものも
いかなくなってしまいます。

断られてしまったといっても、
どうしても
男性の好みに合わなかったところが
一部あっただけ。

あなたのすべてが
気に入らなかった訳ではありません。

それこそ「縁がなかった」と
切り替えることが大事なのです。

ネガティブな思いは
できるだけ早く払拭して、
次に続けていきましょう。

おわりに

プライドが高い。

自立心がない。

相手への条件が厳しい。

ネガティブ。

あなたがもし男性だったら、
そのような女性と結婚したいと
思いますか?

あなた自身が選ばない女性を、
他の男性が選ぶ訳がありません。

思い当たるところがあれば、
そこを改めてから、
婚活に望んだ方が
いい結果を出せるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました