彼氏が自分の彼女を「かわいい!」と思う理由をいろいろ考える

心理

彼女のことを「かわいい」と思う彼氏、その理由とは?

今回は彼氏が自分の彼女を
かわいい!と思う理由を
考えていきます。

恋愛感情にある人が、
自分の相手を「かっこいい」とか
「かわいい」と思うことに
理由なんてないのかもしれません。

でも、なんで「かっこいい」とか
「かわいい」と思うのか?

その心理をさらに深く
掘り下げていくと、
あなたが彼に惹かれる理由や
彼があなたに惹かれる理由が
くっきりと浮かび上がってきます。

あなたは「かわいい」の裏に隠された
彼氏の本当の気持ち、
知りたくないですか?

ホルモンの仕業

「あなたのことを
かわいいと思うのは
ホルモンのせい」

のっけからショッキングな話です。

恋愛状態になったヒトに
多く分泌される
PEA(フェニルエチルアミン)
というホルモン。

俗に「恋愛ホルモン」と
いわれています。

このPEA、
恋愛初期や集中力が
高まっているときに
特に多く分泌され、

脳内で性的興奮と快感に
直接関係する神経伝達物質として
機能します。

要は、このホルモンが出ているときは
「惚れやすい」とか、
「好きになっちゃう」という感情が
起こりやすいということです。
そしてPEAが出てくると、
誘発されてドーパミンという
さらに興奮を煽る物質が
出てきます。

一目惚れや、恋愛初期の
「恋は盲目」状態。

または「彼女のことを
目にいれても痛くない」とか、
「俺は彼女のためなら
命なんて惜しくない!」という
恋愛モードMAXな状態は、
PEA→ドーパミンの効果に
よるものなのです。

ただ、PEAは恋愛の
着火剤の役割として
分泌されるため、
長くても3~4年で
出にくくなります。

「3年目の浮気」なんて曲が
かつてありましたが、
PEAが出なくなると、
途端に気持ちが冷めていく
人間の生理をよくとらえているのが
よくわかります。

逆に、3年以上たてば
「かわいいと思うのは
ホルモンのせい」ではないのです。

あなた自身が本当にかわいいから
彼がそう言っていると考えられます。

自分好みに変わるのを見て

男性は、好きな女性が
自分の好みになろうとする姿に
感激するとともに、
純粋に「かわいい」と
思うものです。

いつもショートカットだったのに、
彼が「長い髪の方が好み」
と言ったら
髪を伸ばそうとしたり、

パンツスタイルが
自分の定番だったのに、
一度だけはいたスカート姿を
「すごい似合うね!
今度からスカートにしてよ」と
ほめられてからは
スカートが主体になったり。

あなたが彼のことを
一途に思うがために
彼好みの女性になろうとする
その健気さに
彼はやられてしまうのです。

最近はマンネリがちになって、
「かわいい」と言われることが
少ないなんて嘆いているあなた。

実は彼の好みに合わせる意識が
少なくなってきているせい
かもしれませんよ。

いつまでもかわいいままでいてほしいから

「○○ちゃんは
目がきれいだね」とか、
「〇〇ちゃん、脚が細くていいなー」
とほめられた事って
忘れないものです。

そして、いつまでも
ほめられたいと思うのも人の心情。

そのための努力は惜しみません。

彼氏から「かわいい!」と
言われているのは、
今のあなたがかわいいのは
もちろんのこと、

「そっか、わたしって
かわいいんだ。」という自覚を促し、
「じゃあ、ずっとかわいいって
言われたいな」と
努力することで、
今後も
かわいいままいてほしいという
彼の願望でもなのです。

おわりに

彼氏にどんな意図や
どんな生理的な仕組みが
あるにしても、
「かわいい」は
その対象に愛しさや
慈しみの気持ちがないと
出てこない言葉です。

言ってみれば「かわいい」は
「好き」と同義語。

かわいいを連発されていれば、
たとえ彼が「好き」と
言ってくれなくても、
愛されているのだと思って
間違いありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました