「妬み」をポジティブにとらえてレベルアップしちゃいましょう

ハウツー

誰かへの「妬み」は成功への糧になるのです

今回は「妬み」を
ポジティブにとらえることで、
もっときれいになったり、
スキルアップをするための心がけを
お伝えします。

「いいなあ」

「かわいいなあ」

「きれいだなあ」

「すごいなあ」

こうした憧れや羨望は
誰にも存在します。

あなたも多かれ少なかれ
感じたことがあるのではないですか?

では、あなたは
憧れや羨望を感じた相手に対して
どのような行動をとることが
多いですか?

「いいなあ」と、
うっとりしてそれで終了。

はたまた、
「かわいい」とか
「きれい」と思った相手を
ディスる。

「すごいなあ」と思う
人との差を感じて絶望する。

ああ、とても残念です。

それでは妬みがいがありません。

憧れや羨望を
こじらせた感情である「妬み」を
うまく利用すれば、
あなたも「かわいい」とか
「きれい」とか「すごい」
といわれる存在になることが
できるのです。

妬みは行動するためのガソリン

自分の周りにいる
羨むような人たちを見て、
「いいなあ」と
指を加えているだけでは、
せっかく芽生えた妬みの感情を
無駄にしてしまいます。

周りの羨むような環境と、
自分を取り巻く環境とのギャップを
イヤってくらい感じて、
ウジウジ悩んだり
へこんだりしているくらいなら、
その妬みをエネルギーにして
行動するのです。

有名な心理学では、
人の行動の原動力は
「劣等感」にある、
といわれています。

まさに今あなたの抱えている
その妬みの感情は劣等感そのもの。

自分が彼女よりかわいくないから、
相手をかわいいと思ってしまう。

自分の方が相手よりも
能力がないから、
すごいと思ってしまう。

その感情を持つこと自体は
とても大切なことです。

逆に、
人を羨んではいけないなどと
自分で勝手に妬みの感情を
ブロックする方が、
よっぽど不健康です。

せっかく芽生えたこの感情、
上手に昇華できれば、
あなたの役に立つのです。

「どうすれば」理想に近づくことができるか?

憧れや羨望といった
気持ちから生まれる「妬み」の感情。

言葉のイメージからは、
純粋なものをこじらせて
少し腐らせた感じですね。

まずは、
その若干腐った妬みの感情を、
純粋な憧れや羨みの気持ちに
戻すことから始めましょう。

憧れや羨みがあるからこそ、
人は「こうなりたい、
こうしたい」という欲求が生まれ、
その欲求を叶えるために
努力するのです。

妬みの感情を
そのまま持っていると、
どうしても
「あの人はいいなあ」
だけで終わらず、
「それにひきかえ
わたしは・・・」と
自己否定や自分を卑下する方へと
頭が向かいます。

そのような脳みその指令に
あなたの心が引きずられると、
自分からは何も行動せずに
ただ相手を愚痴ったり
ディスったりするだけの状態が
できあがってしまいます。

妬みの感情が腐りきる前に、
気持ちを純粋なものに戻しましょう。
次にあなたが憧れたり
羨んだりしている存在を
あなたの目標にします。

「○○ちゃんみたいに
かわいくなる」とか、

「△△先輩のように
バリバリ仕事のできる人になる」
というように、

単なる観賞対象ではなく、
自分の理想とする姿
「ロールモデル」として
設定するのです。

妬みの感情の裏には、
「あの人のようになりたい」
という気持ちが隠されています。

それを隠したままにしないで、
理想、目標として
明らかにするのです。

そして、どうすれば
理想や目標に
近づくことができるか?を考えて
実践あるのみです。

有名なメンタリストは、
小さい頃はぽっちゃりしていて
めがねをかけていたそうです。

クラスでも
目立つことのない存在だった彼は、
どうすれば人気者になれるかを
考えました。

性格を明るくするといった
内面はもちろん、
野暮ったいめがねをかけていたり、
太ったままの自分では
人は寄ってこないと考えて、
コンタクトにしたり、
ダイエットでスリムになるなど、
外見も変えました。

人に好かれるためには
どうすればいいかを
とことん追求した結果が、
今のメンタリストとしての姿
ということですね。

人は明確なイメージが
あればあるほど、
そこにシンクロして
努力することができます。

ロールモデルを
よく観察して真似したり、
憧れの存在の画像や動画を
毎日見て、イメージを
くっきりはっきりとさせます。

そのときも
「こういうの、いいなあ」と
ただ眺めるのではなく、
「どうすれば
こういう風になれるのかな?」
と考え、思いつくことを
実践するのです。

おわりに

誰かに憧れたり、
羨む感情は誰にでもあります。

その感情を自分の心の中で
くすぶらせたまま
終わらせるのではなく、
理想や目標として実践するのでは、
一週間後、一ヶ月後一年後の
あなたの姿はまるっきり違います。

あなたのその「妬み」、
うまく使ってみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました