さすがの彼氏も「かわいい」とは言わない最悪なファッションとは?

ハウツー

いくら彼氏でも、これは「かわいい」って言わないんじゃ・・・

今回はあなたにベタぼれな彼氏でも、
「かわいい」とはならない
ファッションについてお伝えします。

世の中には
ファッションに関するコンテンツが
星の数ほど存在します。

あなたもそれらをいつも目にして、
研究に余念がないことでしょう。

でも、トレンドばかりを
追ってみたり、
自分の年齢や体型を考えない服を
セレクトしてしまうと、
無惨な結果を招くのはご承知の通り。

彼氏のためにと
気合いをいれた服でも、
ガチで似合っていないと、
お世辞にしか聞こえない
「かわいい」しか
言ってもらえません。

これはオトコ受けする、
といわれているファッションも、
限度を超えると
意外にオトコ受け、
彼氏ウケがよくないので
気をつける必要があるのです。

ラブリーなフリフリ

ヒラヒラフリフリで、
しかもピンクや白を基調にした、
女の子なら「かわいい!」と
思わず声に出してしまうような服。

確かに女性らしいガーリーな
シルエットは男性の受けもいいです。

ただ、何事もほどほどがいいもの。

過度なレースやプリーツを
たくさん使用した服は
「子供っぽい」という印象を
与えてしまいます。

あなたがいくら好きな服であっても、
子供っぽいと思われたくないなら
彼氏の前で着るのは控えましょう。

お姫様のドレスのような
こうした服は、
賞味期限がかなり短いので、
着る人の鮮度も大事。

ぶっちゃけ、10代までなら
「かわいい」で通用しますが、
それ以上の年になると
正直厳しいもの。

しかも、白やピンクは膨張色。

見た目をぽっちゃりと
見せてしまいます。

白やピンクと相性のいい、
落ち着いた色味のものを加えて、
全体的に引き締めを
狙ってみましょう。

インナーに白やピンクを
取り入れたら、
ベージュ、カーキ、
アイボリー辺りの色のジャケットを
羽織るといったように、
ピンクや白ばかりにならない
コーディネートを心がけるのです。

ダボダボのシルエット

冬場の「萌え袖」など、
ちょっと大きめの服を
着ている女性は「かわいい」、と
心惹かれる男性は多いです。

だからといって、
どれもこれも大きめサイズで
ダボダボした格好をするのは
よくありません。

体型隠しでゆったりした服を
着たくなるのもわかりますが、
あまりにダボダボした服装は、
女性らしさを著しく損ないます。

ゆったりとしたシャツワンピを
アッパーにしたら、
ボトムは脚のラインが出る
ショートパンツや
ミニスカートにするなど、
女性らしいシルエットが
どこかに出せるスタイルを
目指しましょう。

ぽっちゃり脚にミニスカート

「女性らしいシルエットを」
とはいっても、
ミニスカートやショートパンツは、
スラッとした細い脚でない限り
かなりリスキーな選択です。

ミニスカートやショートパンツから
脚の見えるスタイルを
男性が好むのは確かです。

ただ、残酷なことに
「ぽっちゃり」とした脚が
そこから伸びているのは
苦手なのです。

腰から下がふっくらとしてくる
洋梨体型の場合、
ミニスカートや
ショートパンツだけでなく、
脚のラインがはっきりと出るパンツも
避ける方がいいかもしれません。

せっかく自分では
「かわいく」決めてきたのに、
彼氏に幻滅されるのもイヤですよね。

ボトムをロングのフワッとした
スカートやガウチョ系で隠したなら、
アッパーは
胸から腰の緩やかな
ラインが出るようなものを。

上もぽっちゃりして体型が
気になるなら、
その上から
なにか羽織るといいでしょう。

おわりに

あなたのことが好きな彼氏なら、
正直どんなファッションであっても
かわいいと思ってくれるでしょう。

でも、心のどこかで
「マジか?」と思っていることも
なくはないのです。

「彼にひとりの女性として
見られるためには
どうしたらいいか?」

そこにフォーカスしていけば、
手を抜いてだらけた格好なんて
そうそうやらないはずです。

逆に、女性であることを
意識しすぎて、
自分でも似合わないと思っている
格好をするのもNG。

トレンドを追うばかりでなく、
あなたが笑顔でいられる姿こそ、
何より大切なのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました