ふった元彼に申し訳ない。ズルズル引きずる罪悪感をなくすには?

ハウツー

ふった元彼への罪悪感って、どうしたら無くなるの?

今回はふった元彼に対する
罪悪感を無くすには
どうしたらいいのかを
お伝えします。

彼の方にも理由があるにせよ、
自分からふって別れるのは、
ある程度の罪悪感を
引きずってしまうもの。

ふと彼のいいところを
思い出すことで、
自分は
取り返しのつかない選択を
してしまったのではないかと
自己嫌悪に陥ったりするかも。

でも、いつまでも
そんなことを
繰り返していては、
新しい一歩を
踏み出すことなどできません。

彼への罪悪感を払拭して、
心を軽くしましょう。

元彼の嫌なところを挙げる

脳は苦痛を嫌います。

だからなのか、
辛かった思い出は
時間がたつにつれ、
その辛さが薄らぐように
なっています。

それは、
脳が辛い思い出を忘れようと
働くからです。

「イヤなこともあったけれど、
今ではいい思い出」とか、
「あんなに
ひどいことをした元彼も、
案外いい人
だったんじゃないか」
などと思い始めたら要注意。

あなたの脳が、
辛い思い出を薄めて
美化しようとしています。

美化された途端、
彼はあなたの中で
いいオトコとして扱われ、
本当は何も悪くない
ふったあなたへと
罪悪感の芽を
植えつけるのです。

自分の脳みそなのに、
ひどいことを
してくるものです。

でも、あなたが
彼をふったのには、
許しがたい理由が
あったからですよね?

あなたが悪くないのに、
罪悪感を持つ必要なんて
ありません。

脳が辛い思い出を
美化しようとしてきたら、
思いつくまま
元彼の嫌なところを
挙げていき、
記憶の改ざんを
阻止しましょう。

「暴力をふるう」とか、
「あなたのことを
騙していた」という
最悪なものから、
「クチャクチャ
音をたてて食事する」とか、
「笑い声が下品」といった
些細なことまで、
どんなことでもかまいません。

イヤだったところを
思い浮かべるだけでなく、
文字に表し、
声に出すことで、
二重三重に
「元彼は嫌なオトコ」
というイメージは
脳に定着します。

罪悪感を抱かないために、
あなたの頭の中で
元彼がいいヤツだと
考え出したら、
繰返しやっていきましょう。

元彼の今の様子を確かめる

いくら相手が
悪かったとしても、
ふった立場からすれば、
ちょっとくらいは
「悪いことをした・・・」
なんて、悩んでしまう
かもしれません。


自分のせいで、彼が自信を
無くしてしまっていないか?
なんて、
おせっかいに近い思いを
抱いてしまうことも
あるでしょう。

彼のことが気になって
悶々といているくらいなら、
いっそのこと
きちんと確かめちゃった方が
精神衛生上いいはずです。

SNSをやっていれば、
タイムラインや投稿で
彼の様子を
うかがうことができます。

あなたにふられた直後は
「ヤバい。
チョー凹んでます」とか、
「今の俺、最強ネガティブ」
というような
マイナス面が
際立った投稿が多かったり、
逆にから元気全開の投稿が
目立つかもしれません。

でも、彼の脳でも
「辛いことはイヤ!」だと
段々とあなたに振られたことを
忘れさせようとするので、
そのうちに、
以前と変わらない投稿へと
戻ってくるはずです。

なんなら、
新しい彼女と
つきあい始めてる様子も
見られるかもしれません。

元彼の新たな歩みを
見ることができれば、
あなたの罪悪感も
少しは薄れてきませんか?

おわりに

ふった彼に罪悪感を
持っているうちは、
あなたも
次の恋に進むことを
ためらってしまうでしょう。

でも、いつまでも
終わった恋を
引きずっているわけにも
いきません。

人の出会いは「縁」です。

縁がつながっていれば、
ひょっとしたら別れた元彼と
再びつきあうことだって
十分ありえます。

ですから、
ふったからといって、
余計な罪悪感は持つ必要は
全くないのです。

逆に、ずっと
罪悪感を抱えていては、
あなたの目の前に
素晴らしい
「縁」があっても、
見逃してしまう
かもしれません。

あなたの次の歩みのためにも、
余計な罪悪感は
払拭してしまいましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました