30代で初めての彼氏。別に恥ずかしいことじゃないですから

コラム

30代にして初めての彼氏、おめでとうございます

今回は30代になって
初めての彼氏ができたあなたに、
もっと自信をもって欲しい。

そんな気持ちから書いています。

学生時代や若き20代、
周りには彼氏持ちの女性が増え、
中には結婚や出産を経験する友達も。

わたしはこのまま彼氏ができずに、
一生を終えるかもしれない・・・

そんな焦燥感に
何度となく襲われたことでしょう。

でも、あなたが
今まで恋愛できなかったのには、
単に巡り合わせがよくなかっただけ。

こうしてあなたにも
初めての彼氏ができたのです。

多いに誇りましょう。

そして、彼氏がいる人生、
そこから続いていく
様々な人生模様を
味わい尽くしましょう。

初彼→結婚となりやすい

若い頃の恋愛は非常に熱量が高く、
燃え上がるような激しさがあります。

かつて、あなたの周りでも
こっちが目を覆うくらいに
ラブラブなカップルを
そこかしこでみてきたことでしょう。

ただ、若いときの恋は、
相手に対する
慈しみの気持ちが少なく、
自分の思いばかりが
優先されやすいもの。

激しく燃え上がっていたとしても、
その燃料は
自分が抱く彼への思いだけです。

もし、その熱い思いが
失われてしまえば、
それまでのことが
まるで夢であったかのように、
相手への気持ちも急激に
冷めてしまうことも。

一時的な気持ちの盛り上がりでは、
結婚までたどり着くことは難しく、
仮に結婚したとしても、
熱が冷めた途端に離婚ということに
なりかねません。
一方、若い頃とは違って、
30歳を過ぎれば
それなりに分別する目も養われ、
外見だけではなく
中身もしっかり吟味することが
できるようになっているはず。

一時的な衝動で「好き」という感情が
生まれるのではなく、
相手のことを見極めたうえで、
自分にとって大切な存在として
慈しみの心が芽生えてくるのでは
ないでしょうか?

「恋する」よりも「愛する」。

直感的な「好き」という
感情からというより、
「この人と一緒にいると
なんとなく落ち着く」とか、
「この人となら
ありのままの自分でいられる」
という気持ち。

その気持ちは
今のあなたの気持ちに
似ていませんか?

その感情は結婚したいと思う時に
必要なもの。

あなたは初めての彼氏
結婚してもいいと思うような男性と
巡り合うことができたの
かもしれません。

今の彼氏があなたの生涯の伴侶になる可能性は相当高いですよ。

別れも人生の糧

初めて彼氏ができたあなたに、
ひとつ覚悟しておいてほしいことが
あります。

それは「出会い」があれば
「別れ」が必ず訪れるということ。

今は彼ができた喜びにあふれ、
全てが輝いて
見えていることでしょう。

でも、その時間はほんの一瞬。

いつまでも長く続くものでは
ないのです。

今は彼のことが
好きでたまらないから
目立ちませんが、
彼だって人間です。

あなたには
まだ見せていない欠点や、
人としてどうかと思えるところが
あるかもしれません。

彼はいいと思っても、あなたには
許しがたいことも存在します。

それが現れた時、今のように
好きな気持ちでいられるかどうかが
ふたりの分かれ道になるでしょう。

でも、彼を手放したら
彼氏ができないことが怖くて、
自分が我慢すればいいと
思ってしまうのは
絶対にやめましょう。

今まで彼氏ができなかったことで、
「次はないかもしれない」と
考えるのではなく、
今のあなたがダメだと感じたものに
素直になっていいのです。

別れも人生の糧。

仮に別れたとしても、
めぐりあわせがあれば、
今の彼とも
再びつきあうことだってあります。

もしくは、
初めてつきあった彼が
あなたの「運命の人」では
なかっただけで、
この先に新たな出会いが
待っているかもしれないのです。

おわりに

30代でできた初めての彼氏は、
吟味した上での彼氏なので、
自分が居心地いいという
メリットがあります。 

一方で、これまで彼氏が
できなかったことが災いして、
「この先もう運命の男性は
現れないかも」と、
ようやくつきあった相手に
執着しやすいデメリットもあります。

いずれにしても、
30代にもなれば周りからも
結婚を迫られますし、
あなた自身もつきあう相手も
結婚を意識していることでしょう。

ただ、縁は水ものです。

どんなにあなたが結婚したいと
思っていても、
相手とのタイミングが合わなければ
なかなかゴールインとはなりません。

結婚を意識するなとは
言いませんが、
それよりも、初めてできた彼氏と
一日一日を大切に楽しく
過ごすこと。

それがあなたの人生に
彩りを与えてくれますし、
その先の人生を
大きく変えてくれることに
なるかもしれないのです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました