気になる男性を引きつけるには「距離感」が大事なんです

ハウツー

気になる男性とのアプローチに「距離感」意識しています?

今回は気になる男性を引きつける時に
大事な距離感についてお伝えします。

まだつきあってもいないのに
あまりに馴れ馴れしくしてしまうと、
「あ、この子は
俺に気がありそうだ」と
彼の方で簡単に手に入りそうだと
判断します。

その結果、あなたが必死になって
自分のことをアピールしても、
あまり彼には伝わらないことも。

逆に、気になりすぎて
彼に何のアピールも
しないままというのも、
彼に「この子は
俺に全く気がないな」と
判断されてしまい、全く進展しない。


つかず離れずといった
距離を保つことで、
彼に気を持たせ続けることができ、
あなたの意のままに
彼のことをコントロールできる
かもしれませんよ。

「手に入りそうで入らない」を目指す

あなたは、何億円もする宝石を
目の前にして、
それを「手に入れたい!」と
強い欲求を持ちますか?

恐らく、高価すぎて
自分にはまず無理と
早々にあきらめるか、
最初から
手に入れられるものではないと
考えてしまうでしょう。

反対に、数千円程度の
イミテーションの宝石に対しても、
「絶対にこれが欲しい!」と
強く思うことはないのでは?

「これくらいなら
いつでも手に入れることができる」
という意識があるので、
数千円くらいでは
価値を感じることが
できないのです。

当然ながら、
すでに自分が手にしている宝石と
同じものを見ても、
「同じものが欲しい!」と
強く思うことはまずないですよね?

これを恋愛における距離感で
当てはめてみると、こうなります。

「数億円の宝石」は
芸能人や誰もが憧れる人気者。

つきあいたいと思っても、
気後れして
なかなか声がかけられない人です。
「イミテーションの宝石」はその逆。

いつでも声がかけられて、
その気になれば
モノにできると思えてしまう人。

「自分が持っている宝石」は
そのものズバリ、今の彼氏。

こちらのふたつは、
もうすでに手にしているか、
そんなに頑張らなくても
手に入るだろうと思っているため、
それほど興味を示さなくなります。

人は「手に入りそうで
なかなか手に入らない」とか、
「頑張れば手に入れられる
かもしれない」と思える存在に
最も惹かれることがわかります。

あなたがどんなに気になる人に対して
好意があったとしても、
安易にアピールしていくのは、
距離を縮めるだけ無駄。

あなたをいつでもモノにできると
彼に思わせてしまうだけです。

だからといって、
彼が普通に声をかけてきても
全く反応をしないというのも、
「あれ?嫌われてるのかな?」と
彼に思わせてしまい、
相手の眼中に
入らなくなってしまう恐れが。

あなたからは簡単に距離を縮めず、
彼にあなたが自分のことを
どう思っているのか意識させる。

そういう距離感をめざしましょう。

近づく刺激と遠ざける刺激

目指すべき気になる男性との
距離感が決まりました。

では、具体的に距離を作るためには
どうしていけばいいのでしょうか?

まずは彼があなたのことを
どう思っているのかを調べます。

こちらからメールをしたり、
誉めてみたり、
じっと見つめて
ニコッと笑ったりしてみましょう。

こうした「近づく刺激」に対して、
即レスしたり、
嬉しそうだったりするなら、
彼はあなたとの距離が遠いと
感じていたとわかります。

反対にメールを返信もせず、
誉められても、
ニコッとしても
まるで反応がないとしたら、

あなたの存在が軽く見られている
=すぐに手に入ると考えているか、
全くあなたに興味がないか。

彼の考えるあなたとの距離感が
なんとなくわかったら、

先程の「近づく刺激」と、
メールをしないとか
素っ気ない態度をとるといった
「遠ざける刺激」を織り混ぜて、
「手に入れたいけど、
なかなか手に入らない」距離を
作り上げていくのです。

おわりに

気になる男性には
ガンガンアプローチ!

とにかく当たって砕けろ!

直球勝負!

というのも嫌いではないのですが、
成功する確率の低いまま
トライしたところで
結果は目に見えています。

相手に「あなたを手に入れたい」と
思わせてからアプローチすれば、
成功の可能性も高まります。

絶妙な距離感を作って、
あなたのことを意識せずには
いられなくしてしまうのです。

そうすれば、
あなたの思いが成就するのも
そんなに難しくないですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました