独占欲の強い彼氏とうまくつきあうには?注意したい4つのこと

ハウツー

独占欲の強い男性とつきあうには、注意がいるのです

今回は独占欲の強い彼氏と
つきあうときに注意したいことを
いくつかお伝えします。

独占欲の強さは、不安の裏返し。

あなたの存在を
近くに感じなくなると、
途端に不安は増大。

手元に置いておくために
様々な縛りをかけちゃうことも。

でも、本来恋人同士に
上下関係なんてありません。

独占欲の強い彼氏に
支配されるのではなく、
対等につきあっていくために、
彼の不安を取り除いていくことが
大切なのです。

連絡はこまめにする

独占欲の強い人は
何かと不安を抱えています。

中でも、連絡がつかずに
何をしているのかわからない
というのが特に不安を誘います。

独占欲の強い人にとって、
何にも連絡がないのは
「便りがないのは元気な証拠」
ではありません。

「俺への連絡を
忘れるくらいに
楽しい思いをしている」

→「ひょっとしたら、
その相手は男性かも」

→「俺よりも好きな人が
できたのか?」

→「ヤバい!俺フラれる・・・」

とネガティブな妄想が
止まらなくなります。

その結果、
あなたに執拗に
連絡を入れてきたり、
行動を制限したりと、
ひとり占めしたいがための
束縛をしてきます。

そんなのはイヤですよね?

ですから、
ちょっとまめに
彼に連絡を入れてあげましょう。

SNSのメッセージならすぐです。

「今、会社出るからねー」とか、
「無事に家に着いたよ」
といったことだけでも
彼はほっとします。

そこにほんのちょっと
彼への気持ちを乗せてあげると、
あなたからの愛情が
伝わってきてもっと安心します。

「今、会社出るからねー。
これから会えるの
楽しみだなー」とか、

「無事に家に着いたよ。
今日も楽しかったよ、
ありがとう!」
といった言葉を添えるだけで、
彼の安心感と愛されてる感は
すごく満たされます。

行動をつぶさに
報告するだけでなく、
「やばい、
急に会いたくなっちゃった」とか、
「今、あなたの事を思い出したら、
メッセ送りたくなって・・・
今どうしてる?」といった
大好きな気持ちを
ふとした時に送るのも効果大です。

自分が悪くなければ謝らない

独占欲の強い人は
プライドが高い人が多く、
どんなことでも
自分が優位な立場になろうとする
傾向が。

ケンカの時も、
明らかに自分に非があるのに
一向に謝らないことがあります。

これ以上気まずい雰囲気のままで
いるのはイヤだと、
あなたが悪いわけでもないのに
謝ってしまうと、
ふたりに必要のない
上下関係が生まれてしまいます。

このまま自分の方が
上だと思った彼氏が、
主導権を握っていくというのも、
ねえ。

明らかに彼に非がある場合は、
彼が素直に謝ってくれるまで
待ってみましょう。

ただ、くれぐれも
「ごめんなさいは!」と、
子供に謝罪を強要するように
責めるのは禁物ですよ。

話を聞いてあげる

独占欲が強い男性の場合、
自分の気持ちが素直に表現できず、
どうしても行動で
彼女のことを束縛してしまう
場合があります。

彼の言っていることが
いまいちわからなくても、
内容を理解するように
努めてみましょう。

時には、「それって
こういうこと?」などと、
「自分はこう理解しています」
ということを示してあげると、
彼ももっと
伝えようとするでしょう。

お互いに理解し合うことから、
信頼関係も恋人関係も始まります。

口下手で
言葉が伝わりにくいと感じた時は、
焦らずにじっくりと
彼の話に耳を傾けてみましょう。

極力周りの男性とは関わらない

独占欲に拍車をかけるのが
「嫉妬」の気持ち。

独占欲の強い男性は
たいてい自分に自信がないもの。

あなたが他の男性と
親しげに話したりするのって、
彼にとっては
非常に苦痛なのです。

「なんか楽しそうだな。
俺とだったら、こんなに楽しそうに
話さないのに・・・」

→「やっぱり、
俺といても
楽しくないのかなぁ・・・」

→「ひょっとして、
俺、フラれちゃうの?」

→「どうか、
そいつと幸せになってくれ・・・」

と、勝手に妄想を爆発させて、
不安になったり、
不機嫌になっているのです。

不安が募れば募るほど
独占欲は増大して、
最終的には
あなたに対する身体への拘束や
束縛につながります。

必要以上に
周りの男性との接触を
避けることは、
彼のみならず
あなたの身を守るためでも
あるのです。

職場の飲み会や、
取引先との会食などがある場合は、
こまめに連絡を入れてあげることで
多少の不安は紛れるでしょう。

プライベートと仕事は別ですが、
どうしても
彼のやきもちが止まらないときは、
電話で相手と話をしてもらう
といった手段も
やむを得ないでしょう。

おわりに

自分への自信のなさからくる
「不安」や「嫉妬」といった感情を
抑えるようにするのが、
独占欲の強い彼氏と
つきあうときのコツです。

彼の不安や嫉妬心を取り除き、
安心感を与える。

それこそ、
母親の様な自愛の心で
接するようにすれば、
彼も安心して、
あなたを束縛することは
なくなるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました