束縛される前に知っておきたい独占欲の強い男性によく見られる特徴

心理

この特徴が見られる男性は、独占欲が強いです

今回は独占欲の強い男性に
よく見られる特徴について
お伝えします。

他の男性のことを
話題にしたりすると、
簡単に嫉妬したりするように、
大概の男性は、
彼女にした女性に対する
独占欲が強いものです。

適度に独占欲がある分には、
愛されている感が
あるかもしれませんが、
度を過ぎると非常に危険です。

異常なくらいに束縛したり、
言うことを聞かないからといって
DVに発展したり、
彼女の動向が気になって、
ストーキングをしたり。

犯罪的な行為を
できるだけ避けるためにも、
独占欲の強い傾向のある
男性の特徴を知っておいて、
危険な目に
遭わないようにしましょう。

自信がない男性は、独占欲が強い

自分に自信がないと、
周りに対して
常にビクビクしてしまいます。

ちょっと彼女に親しげに
話しただけで、
「こいつは僕の彼女に
気があるんじゃないか?」と
思ったり、

街で見たかっこいい男性のことを
彼女が話題にしただけで
「ああ、もう彼女は
僕の事なんか
好きじゃないんだ・・・」と
思ったり。

自信がない男性は、誰かに彼女を
取られてしまうのでは?とか、
彼女の気が
変わってしまうのではないか?と
過剰に心配してしまうのです。

その結果、
彼女を取られないように、
彼女の気が変わらないようにと、
次第に独占欲も強くなり、
どんどん
自由を奪っていくようになります。

「オレ様な」男性は、独占欲が強い

プライドが高く、
何でも自分の言う事や思うことが、
その通りにならないと
気がすまない。

そんな「オレ様」な男性も、
独占欲が強いものです。

さらに、独占欲が強いばかりか、
彼女の言動に対しても
自分の思い通りにしたがる
傾向が。

「髪はロングで」とか、
「タバコも酒も
やらないでほしい」とか、
「パンツとかガウチョなんて
認めない」といった
好みを押しつける男性は
要注意です。

自分好みにならない場合は、
力ずくでも
自分の思うようにする
かもしれません。

プライドが高いだけに、
よほどあなたの方に
問題がない限り
つきあった女性と
「別れる」選択はしません。

男性側が
ふられるのなんてもってのほか。

自分から見限るにしても、
周りから包容力がないと
思われるのがイヤなので、
別れようとはしないでしょう。

母親から愛されなかった男性は、独占欲が強い

小さい頃に母親から
十分な愛情を受けなかった男性は、
母親からの愛情に飢えています。

でも、大人になってからは、
母親に甘える事なんて
なかなかできません。

そのため、
自分に愛情を注いでくれる
彼女に対して必要以上に甘えたり、
母親としての役割を
求めてくることも。

しかも、彼女以外に
自分を愛してくれる存在が
他にいないため、
「絶対に手放したくない」と
独占欲が芽生えやすいのです。

全てを知りたがる男性は、独占欲が強い

つきあっている相手のことを
何でも知りたいと思うのは
愛している証拠
だなんていわれます。

でも、元彼の事や
今までにエッチした相手、
彼女の行動パターンや行動範囲、
これまでに歩んできた人生までも
知りたいというのは、
ちょっと異常に感じます。

必要以上に知りたがる男性は、
細かいスケジュールでさえも
知りたいと思います。

朝から「おはよう。
今日は何時まで仕事?」とか、
「いい天気だね。
今日はどこに出かけるの?」

昼は「お昼休みだね。
今日は何を食べてるの?」

夕方には「お仕事お疲れ様。
今日はまっすぐ帰るの?」

夜には「お風呂から上がったら
ネイルのケアでもするのかな?」

と、挨拶程度の
メッセージに絡めて、
あなたの行動を
根掘り葉掘り聞こうとします。

彼にとっては
何でも知りたい
好奇心の表れなのですが、
間接的に束縛されている気分に
なってしまいます。

ここまであれこれ詮索されると、
正直、
気持ち悪くなってきますよね。

おわりに

独占欲が強い男性は
総じて相手のことを考えません。

自分の一方的な思いを
押しつけるだけで、
相手に対する思いやりが
非常に少ないです。

つきあっていく中で、
「この人、独占欲強そう」だ
という気配を感じ取ったら、

別れる準備を始めることを
お勧めしたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました