女性の前で「彼女欲しい」って言う男性。どういう神経してんの?

心理

「彼女欲しい」とあえて言うのには訳がある

今回はわざわざ
女性の前で「彼女欲しい」と
言ってくる男性の心理について
お伝えします。

様々な要因によって
「彼女が欲しい」という
モチベーションが芽生えた彼。

ただ、彼だって
バカではありませんから、
なるべく自分のためになるよう
行動しようとします。

ただ、思いのまま
ガンガンいく人もいれば、
淡々と進める人もいるのも事実。

そこには、彼らなりの戦略があり、
それぞれの思惑を
表しているのです。

フリーだから告白大歓迎!

そこかしこで「彼女欲しい」と
言いふらしている男性。

あなたは、彼が
「俺、今フリーだから」と
自分が彼女募集中だと
アピールするのを
積極的だと感じますか?

自分からいないことを
カミングアウトするなんて、
勇気があって積極的なのではと
思ったとしたら、
それは大きな間違いです。

実はこれは彼が仕掛けている罠。

自分が彼女が欲しいと
アピールすることで、
誰かが自分に告白してくるのを
待っているのです。

彼女が欲しい男性なら、
玉砕覚悟で
いろいろな女性に告白するものだと
思いませんか?

でも、彼女がいないことを
アピールするだけの男性は、
ふられることを恐れて、
自分から告白しようとはしません。

「もしも、自分のことを
気に入った女性がいるなら、
どうか俺の彼女になってください」
という思いを込めて、
じっと獲物がかかるのを
待ちわびているのです。

誰かを好きになったから、
その女性と
つきあいたいのではなく、
誰でもいいから
女性とつきあいたいという理由で
彼女を欲しがっている男性は、
こうした待ちぶせ作戦を
とりがちです。

うっかり罠に
はまってしまわないよう、
露骨に
彼女欲しいアピールをしている
男性には注意しましょう。

あなたのことが好き。だから・・・

他の女性の前では
そうでもないのに、
なぜかあなたの前でだけ
「俺彼女いないんだよねー」とか、
「彼女欲しいなぁ」と
アピールする。

または、それとなく
恋バナをふってきて、
あなたに彼氏がいないことを
聞いてくる男性は、
彼女を欲しいというより、
「あなた」を彼女にしたいと
考えている可能性が高いです。

同じ部署や、
頻繁に顔を会わせる取引先など、
普段から接触する機会が
あるのだとしたら、
それなりに好意を持たれていても
不思議ではありません。

ただ、やっぱりふられて
傷つくのが怖いから、
確実性がない限り、
彼から告白することはありません。

それとなく好きだという
雰囲気を醸し出して、
あわよくば
あなたから声をかけてくるのを
待っているのです。

臆病で姑息な手段ですね。

でももし、
あなたの気になる男性から、
あなたにだけ
彼女が欲しいアピールを
しているのだとしたら、
これはチャンスです。

わざと彼の術中にはまるのも
アリかもしれませんよ。

誰かいいコ紹介して!

あなたに彼氏がいることを
知っていたり、
友人関係以上に進展しないことが
わかっている男性が、
あなたの前で
彼女欲しいアピールを
してきている場合は、
誰か友達を紹介して欲しいと
思っていると
考えていいでしょう。

これも前ふたつの例のように、
自分から直接あなたに
お願いすることは
あまりありません。

「彼女欲しい」と
周りに言いふらしている時点で
相当恥ずかしい上に、
直接紹介してと頼めば、
彼女ができる確率だって
上がるはずなのにそれをしない。

ちょっとよくわからない心理です。

何も考えなしに今の心境を伝えているだけ

彼女が欲しいことを
露骨にアピールして、
あわよくば優しい誰かが
自分に手を差しのべるのを
待っているのとは違い、

ことさらに
アピールすることはないけれど、
それとなく「彼女欲しい」と
言っている男性がいます。

これは、単に
今の心境を伝えてるだけ。

あなたの方で
「ひょっとして
わたしからの告白待ち?」
なんて余計な勘ぐりをして
行動してしまうと、
恥ずかしいことになりかねません。

早合点することなく、
見極めていきましょう。

おわりに

誰か特定の女性に
告白することなく、
ただ彼女が欲しいと
言っているだけの男性は、
リスクを冒さず
女性から声をかけられるのを
待っているだけと、
非常に消極的でいる場合が
多いことがわかります。

ほんの少しの勇気をもって
告白すれば、
叶うかもしれない望みを、
みすみす逃しているとしか
思えません。

もっと積極的になればいいのにと、
あなたも思いませんか?

意気地のないオトコの戯言には
耳を貸す必要は全くありません。

リスクを冒して
告白してくる男性だけ、
相手をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました