メガネは仮面?恋愛においてメガネのもたらす効果

心理

メガネと恋愛って関係あるの?

今回は恋愛における
メガネのメリットについて
考えていきます。

女性の中には
「メガネ男子」に思いを寄せたり、
少女漫画にありがちな、
メガネを外した時とのギャップが
すごく気になるという人がいます。

俗に言う
「メガネ萌え」や
「ギャップ萌え」です。

単なる視力の矯正道具でしかない
メガネに心を奪われたり、
メガネをかけていない男性は
恋愛対象にならない、
というくらいに思い込めるのは、
その女性がメガネに対して
いいイメージを持っているから。

でも、
メガネをかけている方にとっては、
それが彼らを守るための
鎧なのかもしれません。

メガネのもたらすイメージ

一昔前のメガネがもたらす
イメージは、
「真面目」「ガリ勉」といったもの。

かけている人を
少しからかうニュアンスが
含まれていました。

でも、最近の
メガネに対するイメージは、
「クール」「知的」といった
比較的いい感じへと
変わっているのでは
ないでしょうか?

加えて、安くて
ファッション性の高いメガネが
あちこちで
購入できるようになった影響か、
メガネは単なる
視力矯正の道具でなく、
ファッションの一部であったり、
個性を表現するアイテムとして
捉えられるように。

フレームの材質や色、
レンズの形によって、
同じ人がかけても
全く違った印象を与えるので、
TPOによって使い分ける人も
増えています。

例えば、メタルフレームで
四角のレンズだと、
より知的でクールな印象を与え、

原色系の色のフレームで
丸みのあるレンズだと、
自己主張が強い印象を
与えたりします。

かけているメガネを
分析していくと、
その人自身の心映えが
よりくっきりと見えてくるのです

メガネにだまされることのないように

メガネはその人の心映え。

人となりを
それとなく表しているもの。

そう考えてみると、
なぜメガネをかけているのか
気になりますよね?

注意が必要なのは、
その人にとって
メガネが自分を偽る道具に
なっているかもしれないことです。

人によっては、
視力がよくないわけでもないのに、わざわざ伊達メガネを
かけることがあります。

その心理を紐解いていくと、
「自己顕示欲」と「
コンプレックス」が
潜んでいる可能性が高いのです。

元々容姿や性格に
コンプレックスがあり、
それを隠すために
原色系で
派手なメガネをかけている人。

目立ちたがりの性格なんだけれど、あまり目立つと
周りから浮いてしまう
恐れがあるので、
銀色のメタルフレームの
メガネをかけている人。

メガネを
単なる道具としてではなく、
その時の状況に合った
自分を作り出したり、
本心を偽る仮面として
使っている人もいるのです。

おわりに

恋愛においては、
相手が常に自分に心を開いて
素直になっているとは限りません。

時に素直に、時に打算的に。

自分に有利になるよう
駆け引きをするのです。

そのキーアイテムになるのが
「メガネ」かもしれません。

今日はいつもと違う
メガネをかけているというときは
要注意。

単なる心境の変化だけではなく、
何か重大な決意をしている
可能性がありますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました