キスってどれだけ大切なの?男女で違うその価値観

心理

キスの大切さ、価値観には男女差があります

今回は
キスをどれだけ
大切にしているのか?

男女による
その価値観の違いについて
お伝えします。

こと恋愛に関しては、
男性は「カラダ」で、
女性は「ココロ」で
ものを考える傾向にあります。

当然ながらにキスについても
その考えは反映されてくるので、
時に彼氏と彼女で違いが生まれ、
ケンカ→別れという
悲しい結末を迎えることにも
なるのです。

あらかじめ
あなたと彼との間では
キスに対する考え方が
違うことを理解していれば、
意味なく
争うこともなくなる
かもしれませんよ。

そもそも、キスってなんのためにするの?

欧米では
キスはあいさつのひとつ。

恋人同士だけではなく、
家族や親しい友人とだって
頬を寄せてキスをするものです。

さすがに、日本では
あいさつ代わりに
キスとまではいきませんが、
親愛の気持ちを表す
という意味では
万国共通のようです。

生理学的な話をすると、
唇から伝わる情報は
直接脳に届くと言われています。

動物の施す
マーキングではないですが、
親愛の情や
大切なものである印として
相手に唇で触れて、
「大切にしなければ
いけないんだよ」と
より強い情報を
脳へと送っていると
考えることもできます。

恋人同士が
お互いの唇を合わせるのも、
お互いで
大切な存在であると
情報を交換し合っているのです。

男女で違うキスの価値観

男性は、キスを
セックスへの通過点として
考える人が少なくありません。

1回キスをしてしまうと、
性的興奮のスイッチが入って、
最初は軽いキスでも
徐々に濃密で
舌と舌が絡み合うような
キスがしたくなったりします。

キスが嫌いな男性というのを
あまり聞かないのは、
キスが
セックスのきっかけとなる場合が
多いため。

キスの先には
なんとも言えない
素晴らしく気持ちのいいこと
=セックスが待っている
という考え方ができているからです。

男性にとって、
キスは気持ちを表すというよりも、
性的興奮を満たすもの
であるといえます。

一方で、女性は
キスがセックスの過程だと
考えることはあまりありません。

キスによって
性的興奮が高まらない
という訳ではありませんが、
それよりも
親愛の気持ちや
愛情を感じることの方を
重要視します。

好きでもない相手に
キスしたくなかったり、
いくら好きだった相手でも、
気持ちが冷めると
キスする気にならない
女性が多いことからも
それがわかります。

女性は
キスという行為自体よりも、
キスに至るプロセスや環境、
自分の気持ちなどを
総合的に判断して、
キスしたいと思わない限り、
キスをしないといえます。

女性にとって、
キスは相手への気持ちを伝えたり、
愛や情を確かめるための
ものなのです。

まとめ

男性は
キスに性的興奮を
求めがちなので、
ぶっちゃけ性的に興奮したり、
性的快楽を得たいがために
誰とでも
キスができてしまいます。

でも、女性は
「好きだ」とか
「大切だ」という気持ちが
まず第一なので、
本当に大切な相手でなければ
キスをしたいとすら
思いません。

これが大きな男女の価値観の違いです。

男性は
「好き」とか「大切だ」という
気持ちに動かされて
キスをする生き物ではない。

そこがわかると、
彼がなんでいきなり
キスしようとしたか?とか、
キスするときに
あまり「好きだ」とか言わないか?
という疑問が解決するはずです。

男性の
キスに関する衝動は
性的なものがほとんどですから、
無理に
彼の感情に合わせることなんて
ありません。

それよりも、
あなたが彼とキスしたい
=大好きだと思っている
気持ちを大事にしてほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました