憧れだった男性とつきあうのって本当に幸せなの?

心理

憧れていた男性と交際できたけど・・・

今回は憧れだった男性と
つきあうことが、
本当に幸せなことなのか?を
考えていきます。

学生時代から
ずっと好きだった彼や、
職場でも人気の男性。

あなたも
気になっていたものの、
自分が選ばれるわけがないと、
遠くから見ているだけ。

それなのに、
つきあうことになったなんて、
まるで少女マンガか
恋愛ドラマのようですよね。

どこから見てもかっこよく、
その気になれば
女性なんて選び放題の彼。

一方、たいして取り柄もなく、
モブ扱いの人生決定のあなた。

どう考えても
釣り合わない・・・

申し訳ありませんが、
そのような考えで
彼とつきあっているなら、
一刻も早く別れた方が
身のためです。

自分を卑下しすぎない

「他にも
きれいな子や
いい子がいるのに、
なんでわたしなんかと
つきあっているのだろう?」

そう疑問に抱いたまま
つきあうことには
賛成しません。

憧れだった男性と
つきあう時に
一番危険な考えは、
「わたしなんかが」と
卑下してしまうことです。

彼に対して
いつも引け目を感じたり、
なんとかして
彼をつなぎ止めておこうという
気持ちを呼び起こす
要因になります。

何をするにも
彼の機嫌を
うかがうようになったり、
必要以上に
彼に気をつかってしまい、
あなたの持っている良さが
失われる可能性が
非常に高いです。

基本、恋愛では
お互いの関係は平等。

体力的、経済的、
その他いろいろと
どちらかが
無理をしてしまっては、
その関係は長続きしません。

憧れだった男性
だからといって、
あなた自身で
自分を貶める必要なんて
まったくありません。

多少の気づかいや心配りは
大切なことですが、
なんでもかんでも
彼の言いなりになったり、
度を越した気づかい、
ましてや
お金を工面することなんて
することないのです。

彼は彼で、
あなたらしいところを見初めて
つきあう気に
なったのかもしれません。

「わたしなんか」ではなく
「わたしだから」。

彼に見初められた自分を
誇りに思って
彼に接していきましょう。

彼を信用するにも限度があります

憧れだった男性は、
誰から見てもいいオトコ。

当然、
あなたから
彼女の座を奪ってしまおうと
考える女性だって多いはず。

いろいろな女性から
食事や遊びの誘いを
受けることだって
あるでしょう。

逆に、
彼がモテることをいいことに、
いろいろな女性に
ちょっかいを出すなんてことも
あるかもしれません。

あなたという彼女がいながら、
他の女性と仲良くしている
彼を見ているのは
とても辛いことでしょう。

時々、
「自分が本当に
彼の彼女なのか?」

「このまま
彼女のままでいていいのか?」

と疑心暗鬼に
なってしまうことだって。

そんなときは
あなたの気持ちを
率直に伝えるのが一番。

「変なことを言って
彼の気分を
損ねてしまわないか?」とか
余計なことは考えない。

彼女である自分が
イヤな気持ちに
なっているのを、
まったく気にしないでいる
彼の方に問題があるのだと、
少しくらい
わがままになってしまっても
バチは当たりません。

あなたの本心を告げて
何も変わらないのであれば、
いくら憧れていた男性でも、
別れることを
覚悟しなければならない
でしょう。

別れるのが怖いからと、
本心を告げずに
ズルズルとつきあうことが
本当に幸せなこと
なのでしょうか?

あなたが求める
彼とのつきあいというのは、
彼の機嫌をうかがいつつ、
彼のいいように
振り回されること
なのですか?

「彼の彼女」という
称号のためには、
彼が他の女性に
ちょっかいを出そうと、
浮気しても我慢するのですか?

自分の我慢の限度を
超えてまで
彼に尽くすことに、
メリットなんて
少しもありません。

彼のあやつり人形に
なりたくないなら、
必要以上の我慢を
してはいけないのです。

おわりに

憧れの男性と
つきあえただけでOK
だなんて考えるのは
非常に危険です。

男性は
自分が愛されていると
気づくと、
途端に立場が上だと思って
わがままになります。

「これぐらいしても、
彼女は俺とは別れない」という
許容範囲を
段々と広めていって、
あなたをどんどんと
「都合のいい女」へと
洗脳していきます。

彼氏彼女の関係は
主従関係ではなく、
対等なもの。

お互いがよりよく、
より深くわかり合うためには、ケンカや衝突があって当然。

あこがれだった男性と
つきあえるからといって、
必要以上に無理することなんて
ないのです。

「自分なんか」と
自分で勝手に貶めることなく、
あなたらしく
つきあうことが
できるのが理想です。



 


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました