セックスを拒んだら彼氏の態度が変わりました・・・

セックス

「セックスしたくない」って拒んだらダメなの?

今回はセックスすることを拒んだら、
彼氏の態度が変わってしまった
女性のお話です。

恋愛は心と心のつながり。

わたしが彼氏のことを好きなら、
彼氏だってわたしのことが好きなはず。

気持ちが伝わっていれば、
カラダを求めてくることはない。

セックスするのが
やっぱり恥ずかしい・・・

まさか、
まだそんな風に考えているわけでは
ありませんよね?

今どき、
中高生向けの少女漫画でさえ、
ライトな性描写があるのです。

お互いが好きだと分かった後には、
当たり前のように
セックスが伴ってくると
考えていた方がいいのかもしれません。

では、拒まれた彼氏は・・・?

果たして、
どう思うのでしょうか?

きっかけは、合コンのような飲み会でした

複数の男性と一緒に飲む飲み会に、
わたしの友達の友達として
参加していた彼と
意気投合。

映画が趣味だというので、
どんな映画が好きか聞いたら、
出てくるものが
わたしの好みばかりなのだ。

「そのうち、一緒に見に行かない?」

このときの誘いから
1ヶ月も待たずに、
映画デートは決行された。

有名SF映画シリーズの最新作。

正直、こういう映画が好きな女性って
そんなにいないんじゃないかと思う。

でも、わたしは生まれる前から続く
壮大なストーリーに心を奪われ、
全作品を見るほどハマった。

彼の方は、
そこまでストーリーに
惹かれている訳ではないけれど、
作品に出てくるメカや
キャラクターが
なんとも好きなのだという。

何十体にもなる一小隊を
編成するまで
敵キャラのフィギュアを
集めるのだと、
わたしにはあまり理解できない
ロマンを抱いているみたい。

映画がきっかけで始まった
ふたりのつきあい。

最初はただの映画つながり。

でも、それが
はっきりと好意に変わった
瞬間があった。

早く映画の感想を言いたくて
立ち寄ったある日のカフェでのこと。

お店の女性が
彼の前でコーヒーをこぼした。

彼のシャツやズボンはシミになり、
やけどだってしていたかもしれない。

ひたすら頭を下げて謝る、
お店の人と店長。

彼は怒るどころか、

「あなた(お店の人)は
ケガとかしていませんか?

僕の方は大丈夫です。

人は誰でも
ミスをするものですから、
気にしないでください。」

とても優しく、
気づかいのある口調で
そう言ったのだった。

お店の方でどうしてもというので、
クリーニング代として
いくらかもらったけれど、
とても申し訳なさそうに
受け取っていた。

そういえば、
わたしと一緒の時も、
映画の座席や買い物のつきあい、
歩く速度なんかも
気づかってくれていたよなと、
今さらながら自覚した。

そこかしこにちりばめられた
彼の優しさ。

それを
はっきりと感じ取ってしまったら、
好きになるしかなかった。

キスまでしか許せなかった

わたしの方から告白して、
趣味の合う友達から恋人同士に。

映画館とカフェが中心の
デートコースに
「お互いの家」が加わった。

お互いの家での過ごし方は
とてもシンプル。

食事をしたあと、
それぞれ持ち寄った
お気に入りの映画を
部屋で見るのである。

彼のことを思うたびに
「会いたい」と「一緒にいたい」が
頭の中でいっぱいになっていた
わたしには、
部屋で過ごす時間は至福だった。

同じ映画を用意していた時は、
「こっちの方が映像がきれいだ」
と譲らず、

結局2枚とも見た後で、
「どっちも一緒だな」
と普通に考えたら当たり前の答えに、
ふたりして大笑いをしたっけな。

恋愛映画を見ていて、
それとなく
いい雰囲気になったところで
唇を重ねるのも、
わたしたちふたりの中では
当然のルールだった。

でも、その先を越えることは
できなかった。

セックスの経験が
ないわけではない。

中には、
今までに感じたことのないような
気持ちよさを覚えたこともある。

でも、わたしは
セックスを受けつけない。

一番イヤなのは、
男性がみんな
セックスをした途端に
冷たくなることだ。

今までいろいろと
気づかってくれたり
優しかった彼なのに、
態度が豹変してしまう。

会うたびにカラダを求めてくる。

最初の頃は
愛されているから
抱きたいのだと思っていた。

でも、優しさが薄れたり
気づかいがなくなったことに
気づいてからは、
「コイツ、ヤレればいいのか?」と
目先の快楽のためだけに
迫ってくる彼らに失望した。

同時に自分が
心から愛されていない、
カラダだけを求められていることに
悲しくなった。

こんなに気の合う彼も、
一度セックスをしてしまったら、
今までの男性たちのように
優しくなくなってしまうのだろうか?

彼も
キスだけでは
物足りなくなったみたいで、
ときどき
その先を望むような
素振りをしてきていた。

彼だけは違う。

彼はわたしを
心から愛してくれている。

そう思いたい。

その先を拒んだら・・・?

わたしは賭けに出ることにした。

「わたしのこと本当に好き?」

「ああ、もちろん」

「じゃあ、
ひとつお願いがあるんだけど、
結婚するまで
セックスなしってどう?」

「・・・なんで?」

そこからわたしは
今までつきあってきた男性から
受けた仕打ちについて話した。

「そうか・・・。よくわかった」

これが彼と会った最期。

まもなく
彼へのメッセージは既読もされず、
電話にも出てくれない。

番号やアカウントを変えたのか、
連絡さえとれない状態に。

思いきって
彼の家に行ってみたけれど、
その部屋には別の人が住んでいた。

彼だけは違う、そう思っていた。

結局彼も
セックス目当てだったのだろうか。

あんなに好きだったのに・・・

まとめ

彼が離れていった理由は
ふたつ考えられます。

ひとつは
彼女が考えているように、
ヤレないオンナとは
つきあう気はないため。

今までの優しさや気づかいも
ヤルためだっのでは?
と疑ってしまいます。

でも、実際はセックスのためなら
どんなことでもできる男性の方が
多いかもしれません。

「結婚するまでセックスがおあずけ」
という状態が、
どうにも我慢できなかったのでしょう。

それともうひとつ。

彼は彼女のことを本当に愛していた。

「心だけではなくカラダもつながりたい」

男性は
快楽が愛情を凌駕しがちなので、
こういった考えに
なかなか到達しません。

どちらかというと
女性の方が抱く心理に、
彼は至った。

そう考えると、
セックスを拒まれたのは、
自分のことが
それほど好きではないのだと
思い至った可能性が強いです。

まったく連絡の取れなくなった今では、
どうすることも
できないでしょうが・・・

「恋愛に駆け引き」とよく言われます。

でも、
相手を試すようなことをしても
あまりいいことはありません。

怖いかもしれませんが、
自分の気持ちに正直になって
思い切って飛び込んだ方が
いいこともあります。

変に駆け引きして
自分を偽るよりも、
まっすぐな思いで
ぶつかってみることです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました