現実を見ていますか?アラフォー女性の厳しすぎる結婚条件

コラム

アラフォー女性の結婚の条件、どんだけハードル高いの?

今回は、
なかなか結婚のできないアラフォー女性が
どれだけ相手に厳しい条件を
突きつけているのかをみていきます。

あなたはどんな男性と結婚したいですか?

「普通の男性でいい」と
簡単に言っているかもしれませんが、
あなたの言うその「普通」は
現実には普通ではありません。

本当に「普通の」男性でいいなら、
既にあなたは
誰かの奥さんになっていても
不思議ではありません。

あなたの考える
結婚相手への条件が
どれだけ現実離れしているのか。

そこに気づくことができれば、
バージンロードを歩くのも
そう遠い話ではないかもしれませんよ。

それなりの地位や収入があるがゆえに

結婚願望が強い割に
なかなか結婚できないあなたには
「自分と釣り合うオトコじゃないとダメ」
という意識はありませんか?

確かに、40近くまで独身で
がむしゃらに仕事していたとすれば、
それなりの役職について、
それなりにいい収入を得ていることでしょう。

同世代の男性なら、
あなたに負けず劣らずの
役職と収入を得ているでしょうが、
そうした男性は恐らく既に売約済み。

あなたの目の前には、
仕事も役職どころか
派遣社員やフリーターで
収入も平均以下、
たいしたことのない男性しか
残っていないのではないですか?

そういう男性とは、
さすがに結婚する気には
なれませんよね?

だからといって、
年収1000万円の男性を
捕まえようというのも無理な話。

年収1000万円以上の高所得者は
全体の7%ほどしかいません。

また、そうした男性と
出会える機会を作らなければ
なにも始まりません。

余程の努力をしないと、
あなたの年齢で
自分の役職や収入に釣り合う男性を
見つけるのは難しいのです。

普通にはいない「普通の」男性

「普通の男性であればいい」

そう言って、
結婚相手に特に条件なんてないことを
ほのめかす女性がいます。

でも、実際にはかなり厳しい条件を
出しているのです。

人には
「ここはいいけれど、
あそこはダメ」といった
長所と短所が必ずあるもの。

でも、あなたは他人の短所を許せますか?

一般的に
女性が男性を評価するときは
減点法。

「スタイルと顔はいいけど、
服のセンスが悪いからダメ」

「見た目はいいけど、
しゃべり方がダメ」

「てっぺんが薄くなってなきゃ
よかったのに・・・」

なんて感じで、
一か所でもダメだと、
評価は確実に
マイナスになってしまいます。

しかも、評価するポイントも多い。

「身長は170cm以上」
「細身」
「大卒」
「年収400万以上」
「普通に話せる程度のコミュ力」
「猫好き」
「意外にスイーツが好き」
「たばこは吸わない」
「車を持ってる」・・・

ひとつひとつは
まあまあ普通なのですが、
これらをすべてクリアする男性となると、
どれだけいるのでしょうか?

ネットの検索は
キーワードを増やせば増やすほど、
ヒットする件数が減っていきます。

「普通の男性」を
求めているにもかかわらず、
評価のポイントがたくさんあれば、
人数が絞られるのは当たり前です。

しかも、
ひとつでも条件をクリアしていないと、
その人は失格。

結局、
あなたの条件に適う
「普通の」男性は存在せず、
また婚期が遅れるのです。

まとめ

結婚相手も人間なのですから、
一長一短があって当然です。

なかなか
結婚相手が見つからないと
嘆いているなら、
一度相手の条件を見直してみましょう。

求めてることが普通でも、
その数が多くなれば
おのずと人数は減ります。

あなたの中で
「ここだけは譲れない」という条件。

それをクリアした人には
門戸を開いた方が、
出会いのチャンスが広がり、
より多くの相手から
選べるのではないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました