体位変えたがりの彼氏にそれとなくNOと悟らせる方法

セックス

あまりに体位を変えてくる彼氏には・・・

今回はいろいろと
体位を変えてくる彼氏に、
それとなくNOという方法を
紹介します。

男性が体位を変えてくるのは、
同じ刺激を与え続けるのに
飽きてしまい、
新たな刺激が
欲しくなるため。

反対に、
女性は気持ちいい刺激を
受け続けている方が
絶頂に達しやすいこともあり、

途中で気持ちいいのが
止まってしまうから
あまり体位を
変えてほしくないもの。

でも、
きっぱり「ダメ」というのも
彼に悪いし、
なんとなく恥ずかしい。

そんなあなたに、
そのままの体位を
続けてもらえる
言い回しや行動を
知ってもらい、
彼に気分を
悪くさせることなく、
思う存分気持ちよくなって
ほしいのです。

「今のすごく気持ちいい」

男性は、
自分自身が
気持ちよくなるのと
同じくらい、
相手にも
気持ちよくなって
ほしいものです。

それは、
あなたへの
愛情であるのと同時に、
あなたを
気持ちよくさせることで
彼自身の達成感や
自尊心を満たすため
でもあります。

ですから、
あなたが気持ちいいと
思うことは、
何でもリクエストした方が
いいのです。

挿入されて
気持ちが乗ってきたとき、
または
気持ちよくなりかけた時に
体位を変えられると、
それまでの気持ちが
リセットされて
「また最初から」
となってしまいがち。

気持ちのリセットを
防ぐために、
体位を
変えられそうになったら、
「これ、すごく気持ちいい!」
と声に出してみましょう。

彼もあなたが感じてくれて
嬉しくなり、
そのままの体位を
続けてくれるはず。

ただ、あなたが
喜んでくれたのが嬉しくて、
彼の動きが
さらに激しくなることが
あります。

そうなると、
彼が早々に
絶頂を迎えてしまいますし、
あなたも激しい刺激に
気持ちよさより
痛みを感じることに。

「これ、
すごく気持ちいい」のあとに
「このまま
続けてくれる?」とか、
「もっと奥まで」と
細かくリクエストを
伝えると、
彼の動きを
コントロールできますし、
あなたももっと
気持ちよくなれますよ。

「このまま手をつないでいて」

後ろからが攻めるのが
好きという男性って
結構多いのでは
ないでしょうか?

男性が行為中にする
体位のパターンには、
後背位など後ろからの攻めが
割と含まれています。

中には、正常位と
後背位しかしない男性も。

でも、後ろから
攻められるのが
好きではない女性だって
います。

だからといって、
「後ろからはダメ」
などと言って、
無下に断るのは
彼に悪いと
思っちゃいますよね?

そんなあなたには、
正常位や騎乗位など
顔を見合わさられる
体位の時に、
彼と手をつなぐことを
おすすめします。

そして
「このまま
つないでてくれる?」と
一言伝えましょう。

先程の
「これ、すごく気持ちいい!」と
併せて使うと、
さらに効果が望めます。

手をつながれると、
正面から後方に回る動きは
まずできません。

手をつなぐことで、
彼が後ろから
攻めようとするのを
防ぐことができるのです。

絶頂を迎えた後に
「手をつないでてくれて、
すごく安心したよ。ありがとう」
といった
フォローをいれておけば、
今後も喜んで
手をつないでくれるでしょう。

「キスして」

もうすぐで
絶頂に達しようと
している時に、
体位を変えられると
結構切ないですよね。

一度モノが抜かれてしまうと、
それまでの盛り上がりから
ガクンとトーンダウン、
もしくは高ぶりが
ゼロの状態に。

せっかく
正常位で盛り上がってきて、
このまま
絶頂を迎えたい場合、
無理やりにでも
同じ体位に
しておきたいですよね?

そんなときは
キスを
おねだりしちゃいましょう。

「ねえ、キスして」という
シンプルなものから、
「キスしてくれたら
イッちゃいそうなの」と
わざと
挑発するようなものまで、
彼の性格や、
今の盛り上がりに
合わせるかたちで
彼を誘うのです。

あなたの気持ちに応えた彼は
嬉しくなりますし、
あなたも
彼の体位変更に
邪魔されることなく
絶頂を迎えられて、
お互いにハッピーです。

おわりに

「48手」といわれるくらい、
昔からセックスの体位には
バリエーションがありました。

でも、そのほとんどが
お互いに
気持ちいいものではなく、
これができたら
すごいよね的な
アクロバティックなもの
だったりします。

女性は、挿入されたモノの
当たる角度と強さ、
それと気分の
盛り上がりによって、
徐々に興奮が増して
絶頂を迎えます。

正直、複雑な体位なんて
必要ないのです。

無理に体位を変えず、
シンプルなものでも
十分に気持ちいいことを
彼に伝えて、
お互いに快感を得ましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました