かわいい女になるためには「かわいい」の男女差を知るべし!

ハウツー

「かわいい」といわれるためにオトコとオンナの差を理解しよう

今回はかわいい女になるために、
男性と女性の「かわいい」の違いをお伝えします。

「女子ウケ」「男子ウケ」とよくいわれます。
あなたも女友達だけの時と彼や男性が一緒の時では、
着ていく服やヘアスタイル、メイクを変えていませんか?
また、「これ、かわいい」といって選ぶのが、
決まって万人受けなスタイルではないでしょうか?
これは、知らず知らずに
女性と男性の「かわいい」の違いがわかっているから
なのかもしれません。

男性の「かわいい」はゾーンが広い

太古の昔、多種多様の女性とセックスをして、
多くの子孫を増やそうとしていた男性。
その本能的な側面からか、
男性はパッと見の印象だけで
簡単に「いいね!」と思いやすいようです。

ストライクゾーンの広さは、
女性ならちょっと引いてしまうくらいにまで及びます。
「ぶりっこは女性に嫌われる」といわれますが、
男性は結構ぶりっこが好きです。
ファッションにしても、
女性なら目を疑うような
フェミニンな要素の強いフリフリのワンピースや、
胸元の大きく空いた露出度の高い服装を
「いいね」といったりするのです。

ですから、ほんとちょっとメイクや服装に気をつけたり、
言葉遣いや態度を改めるだけで、
たちまち「かわいい」と思われるようになります。

男性に向けて「かわいい」を発信するのは、
そんなに難しいことではないのです。

女性の「かわいい」は「それな!」と同じ

女性同士の「かわいい」は
誰にでも好かれることが条件です。
数人の友達関係や、
職場関係から浮かないように調和することが求められる
現代の女性たち。
そのために、
何事もあまり目立つのはよくないと考えるようになります。

選ぶ服は目立たず、浮かず、無難なシルエットばかり。
友達や同僚は、派手でも地味でも
可でも不可でもないその姿を見て、
安堵の表情を浮かべながら「
それ、かわいいね」と言葉にしているのです。

女性のコミュニティでは、「共感」や「同調」が大切で、
極端に目立つことは疎まれてしまいます。
どんなにかわいくても、
悪目立ちしてしまったら、憎むべき存在になってしまうのです。

男ウケか、女ウケか・・・?

また、男性がかわいいと思う要素のひとつに
「思わず守りたくなる雰囲気」というものがあります。
男性は誰でも女性のナイトでありたいと
少なからず思っています。
なのに、守るスキも与えないような強い女性では
「かっこいい」とは思われても、「かわいい」とは思われません。

無理にキャラを作ることはありませんが、
適度にスキを作って守りたいと思われることも、
男性ウケするかわいさの形なのです。

仲間の目を気にせず、とことんウケを狙っていけば、
男性にとって「かわいい」存在になれます。
でも、出る杭が打たれないように、
周りとの協調性が求められる
女性の友達、職場でのコミュニティの中では、
極端に目立たないことが「かわいい」といわれます。

オトコを取るか、
オンナ友達、仲間をとるか?

あなたはどちらに
「かわいい」といわれたいですか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました